このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15094
Eprint ID
15094
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息に対する複合温泉療法の作用機序 2.内分泌・自律神経系および心因的要素に対する効果
著者
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
横田 聡 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
竹内 一昭 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
名和 由一郎 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
斎藤 勝剛 土肥病院内科
抄録
Actions of spa therapy on endocrine-autonomic nerve system and psychological factors were analyzed in patients with bronchial asthma. In endocrine function, serum levels of cortisol and ACTH tended to increase after spa therapy. In autonomic nerve system, decrease in concentrations of serum adrenalin and noradrenalin was observed after spa therapy, and the difference between the initial levels before spa therapy and the levels after the therapy was significant in serum levels of adrenalin. However, serum levels of substance P and Bradykinin were not affected by spa therapy. To evaluate the action of spa therapy on mental condition in patients with asthma, four kinds of psychological tests, CMI, SDS, CAl and SD, were carried out. Improvement of mental disorders in patients with asthma is observed after spa therapy in all psychological tests. These results suggest that spa therapy acts effectively on endocrine-autonomic nerve system and improve psychological conditions.
抄録(別表記)
内分泌・自律神経系および心因的要素に対する温泉療法の効果が,気管支喘息を対象に検討された。内分泌系では,血中コーチゾ-ルおよびACTH値が,温泉療法後に上昇することが示された。また,自律神経系では,血中アドレナリンおよびノルアドレナリン濃度が温泉療法により減少することが示され,特に,血中アドレナリンは温泉療法前後の濃度に有意の差が見られた。しかしながら,血中サブスタンスPおよびブラジキニン濃度には,温泉療法による有意の変動は見られなかった。心因的要素に対する温泉療法の作用を検討するため,CMI,SDS,CAIおよびSDの4種類の心身医学的検査が行われた。その結果,いずれの心身医学的検査においても,温泉療法により疾患に不利に働く心因的要素が改善する傾向が見られた。これらの結果より,温泉療法が内分泌・自律神経系に対して有用な作用を有し,また,疾患に不利な心因的要素を改善させる作用を有していることがある程度示唆された。
キーワード
Bronchial asthma (気管支喘息)
Spa therapy (温泉療法)
Endocrine-autonomic nerve system (内分泌・自律神経系)
Psychological disorders (心的要素)
発行日
1996-11
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
67巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
92
終了ページ
98
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc