このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16744
Eprint ID
16744
フルテキストURL
Thumnail 94_289.pdf 685 KB
タイトル(別表記)
Peripheral blood flow measured by a newly developed non-invasive and quantitative blood flow meter (QFM) and its clinical use. The blood flow of peripheral arteries, and the change of flow after experimental replacement of a prosthesis
著者
仲宗根 浩二 岡山大学医学部第2外科教室
抄録
非観血的な方法による血流計測は,循環系疾患の診断,治療および術後のfollow upなどにますますその重要性を増してきている.ことに末梢動脈の閉塞性疾患への応用はいろいろに試みられている.しかし超音波ドプラ法を応用した非観血的血流計による血流情報は,今日なお多くの問題点を残しており,完成された検査法とは言いがたい.たとえば超音波ドプラ法による計測は超音波ビームと血流走行とのなす角度が不明のため血流速度の絶対値の計測は不可能であつた.この欠点を解消するため血流走行と角度依存性のない超音波ドプラ法による血流計測法が開発された.定量的非観血的血流計(QFM)と呼ばれる新らしい装置で,血流速度の絶対値のみならず血流量も測定可能である.これは血管径の変化を経時的に計測する超音波パルスエコートラッキング法と3枚のトランスジューサーを使用することにより角度依好性をなくした血流計の2系統からなり(図1),これらをマイクロコンピューターで有機的に組み合わせたものである.すなわちこの血流計は流速に血管径を加味したもので,従来の血流計に血管径という一次元を加えたもので,この方法によりはじめて血流量の測定が可能になったといえよう.しかし本計測器は開発されてからの日時は短かく,その精度に関しては実験的にも充分な検証があるとはいえない.本研究はこのQFM法の精度を検するのを目的としたものである.犬を用いた実験では,大腿動脈の流量を本法で計測し,電磁流量計で計測した流量と比較した.臨床では,健常者で総頸動脈,大腿動脈,足背動脈の血流量や流態性状の計測をおこない,大腿動脈,足背動脈においては運動負荷による計測もおこなった.さらに人工弁置換患者の総頸動脈流量や流態性状も計測し,犬でも腹部大動脈の人工血管置換による流量変化や流態性状を計測し,人工血管置換による血流変化を検討した.
抄録(別表記)
A newly developed non-invasive and quantitative blood flow meter (QFM) was used to measure blood flow in human peripheral arteries (common carotid artery, femoral artery, dorsal pedal artery), and to determine hemodynamic differences after replacement of the canine abdominal aorta with a prosthesis. The results obtained were as follows: 1) Blood flow of the canine femoral artery by QFM correlated well with that obtained by an electromagnetic flow meter with a correlation coefficient (r) of 0.94 (p<0.001) (y=1.05x-12.9). 2) In normal subjects, blood flow of the common carotid, femoral and dorsal pedal arteries changed with age, namely, the blood flow of the common carotid artery decreased after the age of 40 with a statistically significant difference and that of the femoral artery after the age of 60. 3) The blood flow and velocity in the femoral artery and dorsal pedal arteries increased markedly with exercise. 4) The effect of the prosthetic valve in the mitral position on the aortic flow was determined in the common carotid artery. However, there was no significant difference. 5) Blood flow and velocity increased after the aorta was replaced with a prosthesis, although there was no significant difference. It was concluded in the present study that non-invasiveness and the ability of QFM to detect fine changes in flow patterns would be an ideal tool for diagnosing and following up patients with vascular disease.
キーワード
非観血的血流計
流量
流速
血管径
壁偏位幅
発行日
1982-04-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
94巻
3-4号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
289
終了ページ
300
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/94/3-4/94_3-4_289/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma