このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16509
Eprint ID
16509
フルテキストURL
Thumnail 96_829.pdf 241 KB
タイトル(別表記)
Application of KOH method for determination of Gram reaction of clinical isolates.
著者
友近 建一 岡山大学医学部細菌学教室
船橋 達天 岡山大学医学部細菌学教室
丸山 隆司 岡山大学医学部細菌学教室
寺坂 薫 岡山大学医学部細菌学教室
金政 泰弘 岡山大学医学部細菌学教室
抄録
臨床分離細菌の検査同定作業の能率化をはかる目的で,グラム染色法によらないグラム染色性判定法の導入を試みた. KOH液を用いた簡易染色法を試験するため,教室保存株におけるグラム染色性の判定に必要なKOH液濃度およびその他の判定条件に検討を加えた.その結果, 3% KOH液を使用し,充分量の新鮮培養菌を使用するならば供試した全ての菌株でグラム染色結果と一致した.この結果に基づき,尿路感染症患者由来株253株の染色性を判定した. 3株のグラム陰性株で若干反応性が弱かったものの全ての菌でグラム染色結果と一致した.KOH液は,グラム染色性の判定が迅速,安価,かつその判定には熟練を必要としない点から今後大いに使用されるべき方法と考えられる.
抄録(別表記)
A rapid nonstaining method for the determination of the Gram reaction was applied to clinical isolates. In this study, 253 clinical isolates were tested by both the KOH method and Gram staining method. Both methods discriminated 110 of Gram-positive bacteria and Yeast-form fungus, and 143 of Gram-negative bacteria. These results confirmed the application of KOH method to clinical isolates.
キーワード
Gram-stain
Clinical isolates
KOH method
発行日
1984-08-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
96巻
7-8号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
829
終了ページ
833
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/96/7-8/96_7-8_829/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma