このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17953
Eprint ID
17953
フルテキストURL
Thumnail 82_355.pdf 1.39 MB
タイトル(別表記)
TWO CASES OF PRIMITIVE TRIGEMINAL ARTERY Two cases of persistent carotid basilar anastomosis are reported
著者
中島 良彦 岡山大学医学部神経精神医学教室
中村 善信 岡山大学医学部神経精神医学教室
品川 昌二 岡山大学医学部神経精神医学教室
抄録
The first case is 28 years old femal who admitted with porphyrin-uria and left sided visual disturbance which was occured suddenly with vomitting. The carotid cerebral angiograpby demonstrated the occulsion of left side int. carotid artery at the point of C(2) and the primitive trigeminal artery the same side. The anastomosis to the anterior cerebral artery and the middle cerebral artery are made through this anomalous artery and Willis circle. The second case is 20 years old female who admitted with Jacksonian type seizures and no neurological signs. The cerebral carotid angiography demonstrated the primitive trigeminal artery in right side.
発行日
1970-08-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
82巻
7-8号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
355
終了ページ
360
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/82/7-8/82_7-8_355/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma