このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16629
Eprint ID
16629
フルテキストURL
Thumnail 93_701.pdf 1.77 MB
タイトル(別表記)
Multiple polypoid filling defects of the duodenal bulb
著者
森野 靖雄 岡山大学医学部放射線医学教室
竹田 芳弘 岡山大学医学部放射線医学教室
森本 節夫 岡山大学医学部放射線医学教室
三宅 正淑 岡山大学医学部放射線医学教室
林 英博 岡山大学医学部放射線医学教室
江添 弘 岡山大学医学部放射線医学教室
木本 真 岡山大学医学部放射線医学教室
上者 郁夫 岡山大学医学部放射線医学教室
橋本 啓二 岡山大学医学部放射線医学教室
青野 要 岡山大学医学部放射線医学教室
林 恭一 岡山大学医学部第II内科学教室
高岡 和子 岡山大学医学部第II内科学教室
大島 由起子 三菱水島病院内科
抄録
Multiple polypoid filling defects of the duodenal bulb are infrequently encountered. Two cases of multiple filling defects of the duodenal bulb are reported in this paper. Case 1. A 42 year old female complained of abdominal fullness and epigastralgia. On examination, generalized peripheral lymphadenopathy and marked hepatosplenomegaly were noted. Cervical lymphnode biopsy revealed a diffuse, poorly-differanciated lymphocytic lymphoma. X-ray examination of the gastrointestinal tract showed multiple filling defects localized at the duodenal bulb. Endoscopy disclosed multiple well-defined protrusions with small mucosal ulceration over the the whole circumference of the duodenal wall. Case 2. A 36 year old female had no subjective symptoms. At gastric mass screening, numerous polypoid elevations of the duodenal bulb were pointed out. Detailed gastrointestinal x-ray examination showed numerous, tiny, round polypoid nodules localized at the duodenal bulb. These nodules were 2-3mm in size with no mucosal ulceration. The endoscopic biopsy specimen revealed lymphoid hyperplasia of the duodenal bulb.
キーワード
Duodenal bulb
multiple polypoid nodules
発行日
1981-08-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
93巻
7-8号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
701
終了ページ
708
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/93/7-8/93_7-8_701/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma