Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

気管支喘息の温泉療法―吸入療法

谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
慢性閉塞性呼吸器疾患,特に気管支喘息に対する温泉療法は.温泉療法そのものの効果以外に,温泉保養地の周囲環境が疾患に極めて良好であるという利点を有している。温泉水やヨードゾルによる吸入療法は,気管支喘息に対して有効であるが,治療効果をより良好なものにするためには,各喘息症例の気道内病態を十分把握しておく必要がある。板状貯留を呈する過分泌型喘息や細気管支閉塞型喘息に対しては,吸入療法の効果は一般的に低い。代表的なヨー ドゾル吸入療法の臨床効果は,気管支喘息20例中,著効4例(20%),有効11例(55%),やや有効4例(20%),無効1例であった。
キーワード
温泉療法 (Spa therapy)
吸入療法 (Inhalation therapy)
温泉水 (Hot spring water)
ヨードゾル (lodine salt solution)
気管支喘息 (Bronchial asthma)   
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852