Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

岡山県の三地区(作東町,山陽町,長船町)の循環器疫学調査 第7報 昭和57年度の地区別,年齢,性別,HDL-,総コレステロールおよび中性脂肪値の検討

原岡 昭一 岡山大学第一内科
吉田 英紀 岡山大学第一内科
斉藤 大治 岡山大学第一内科
日名 一誠 岡山大学第一内科
寺坂 律子 岡山大学第一内科
松原 堅 岡山大学第一内科
上枝 正幸 岡山大学第一内科
松野 繁 岡山大学第一内科
清水 明徳 岡山大学第一内科
松原 一志 岡山大学第一内科
中尾 陽 岡山大学第一内科
中津 高明 岡山大学第一内科
今滝 健介 岡山大学第一内科
谷 秀樹 岡山大学第一内科
庵谷 文夫 岡山大学第一内科
長島 秀夫 岡山大学第一内科
Thumnail 98_421.pdf 1.57 MB
抄録
A cardiovascular epidemiologic study was performed in three different areas in Okayama prefecture in 1982. The incidence of hypertension in Sakuto-cho was higher than in the other two areas. However, the incidence was less than in previous studies. Conversely, the incidence of ischemic heart disease was higher in Sanyo-cho. In the group of essential hypertensions, IHD and obesity, HDL-cholesterol was low, and total cholesterol, triglyceride and LDL-cholesterol were high compared with the normal group. In women, with or without disease, total cholesterol and LDL-cholesterol were high compared with men, while the HDL-cholesterol/total-cholesterol ratio was low. Along with an increase in age, HDL-cholesterol decreased, and total cholesterol and LDL-cholesterol increased in men and women. HDL-cholesterol in Sakuto-cho was significantly high, and total cholesterol and LDL-cholesterol in Osafune-cho and Sanyo-cho were low.
キーワード
循環器疫学調査
HDL-コレステロール
総コレステロール
中性脂肪
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489