Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

岡山県の三地区(作東町,山陽町,長船町)の循環器疫学調査 第5報 昭和55年度の血清コレステロール,HDLコレステロールとの関係について

原岡 昭一 岡山大学医学部第一内科学教室
吉田 英紀 岡山大学医学部第一内科学教室
斉藤 大治 岡山大学医学部第一内科学教室
上田 稔 岡山大学医学部第一内科学教室
草地 省蔵 岡山大学医学部第一内科学教室
西山 修 岡山大学医学部第一内科学教室
安原 耕一郎 岡山大学医学部第一内科学教室
山田 信行 岡山大学医学部第一内科学教室
庵谷 和夫 岡山大学医学部第一内科学教室
藤井 章信 岡山大学医学部第一内科学教室
木村 正司 岡山大学医学部第一内科学教室
武田 光 岡山大学医学部第一内科学教室
兵頭 多津男 岡山大学医学部第一内科学教室
内田 俊明 岡山大学医学部第一内科学教室
西原 正信 岡山大学医学部第一内科学教室
吉田 暎 岡山県環境保健部
日下 幸恵 岡山県環境保健部
Thumnail 93_555.pdf 3.89 MB
抄録
A cardiovascular epidemiologic study was performed in three different areas in Okayama prefecture in 1980. The relationship between serum total and HDL-cholesterol and blood pressure, ECG findings, clinical disorders, obesity, drinking and smoking was examined in a total of 1092 subjects, with an age-range 49-79 years. The following results were obtained: 1) Along with an elevation of blood pressure, Code 1-0 in the ECG decreased and the code for left ventricular hypertrophy (a combination of two or more subcategories of Code 3 or of Code 3 with Code 4 or 5) increased. Code 4+5 increased in parallel with the systolic blood pressure and Code 5 increased directly with the diastolic blood pressure. 2) In the group of essential hypertension and coronary arterial disorders, HDL cholesterol/total cholesterol ratios were significantly low, and total cholesterol and the Atherogenic Index were in high compared with the normal group. 3) Along with an increase in body weight, the HDL-cholesterol/total cholesterol ratio decreased, while total cholesterol and the Atherogenic Index increased significantly. 4) The group with a drinking habit showed high HDL-cholesterol values but HDLcholesterol showed lower values in the group with a smoking habit.
キーワード
HDLコレステロール
血清総コレステロール
Atherogenic Index
循環器疫学調査
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489