Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

経過中に心筋硬塞様心電図(Q波, ST上昇)を示した劇症肝炎の1例

吉田 英紀 岡山大学医学部第一内科
楠原 俊一 岡山大学医学部第一内科
吉岡 信彦 岡山大学医学部第一内科
草地 省藏 岡山大学医学部第一内科
十河 泰司 岡山大学医学部第一内科
山田 信行 岡山大学医学部第一内科
西山 修 岡山大学医学部第一内科
安原 耕一郎 岡山大学医学部第一内科
上田 稔 岡山大学医学部第一内科
斉藤 大治 岡山大学医学部第一内科
前 律夫 岡山大学医学部第一内科
島田 宜浩 岡山大学医学部第一内科
松浦 秀光 重井病院内科
大森 浩之 重井病院内科
木本 克彦 重井病院内科
重井 博 重井病院内科
原岡 昭一 岡山大学医学部付属病院中央検査部
Thumnail 91_425.pdf 4.03 MB
抄録
Serial elctrocardiograms of a 55 year old female showed a trasiently elevated ST-T wave and decreased R waves in right precordial leads suggesting anterior wall infraction during the course of fulminant hepatitis. Autopsy findings revealed marked cerebral edema, massive necrosis of the liver with lymphocytic infiltration, partial myocardial degeneration and necrosis with infiltration by lymphocytes and plasma cells. However, no significant lesions were found in the coronary arterial trees. These findings suggest that the electrocardiographic changes were due to catecholamine cardiomyopathy or viral myocarditis.
キーワード
fulminant hepatitis
viral myocarditis
catecholamine cardiomyopathy
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489