Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

低体温に特有な心電図変化を示したpoikilothermiaの1例

吉田 英紀 岡山大学医学部第一内科教室
植杉 成一郎 岡山大学医学部第一内科教室
湯浅 志郎 岡山大学医学部第一内科教室
草地 省藏 岡山大学医学部第一内科教室
十河 泰司 岡山大学医学部第一内科教室
山田 信行 岡山大学医学部第一内科教室
西山 修 岡山大学医学部第一内科教室
安原 耕一郎 岡山大学医学部第一内科教室
上田 稔 岡山大学医学部第一内科教室
斉藤 大治 岡山大学医学部第一内科教室
前 律夫 岡山大学医学部第一内科教室
島田 宜浩 岡山大学医学部第一内科教室
原岡 昭一 岡山大学医学部附属病院中央検査部
Thumnail 91_415.pdf 2.88 MB
抄録
A 60 year old female died suddenly, probably due to arrythmia. At autopsy, cerebral softening from the hypothalamus to the central thalamic nuclei was seen. This was thought to be secondary to a cerebrovascular accident with consequent poikilothermia. During the clinical course, ECG findings characteristic of hypothermia such as sinus bradycardia, bradic atrial fibrillation, prolongation of QT interval, T wave inversion and appearance of J wave (Osborn wave) were noted in association with cold weather. The case is discussed with a review of the literature.
キーワード
poikilothermia
J wave (Osborn wave)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489