Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

脳のシスタチオニン 第Ⅲ編 脳機能(in vivo)に及ぼすL-シスタチオニンの影響

松田 清 岡山大学医学部神経精神医学教室
Thumnail 73_189.pdf 3.8 MB
抄録
L-シスタチオニンを動物に投与してその生理作用を見た.フェノバルビタールその他の薬物に対しシスタチオニンは抗麻酔に働くようであるが,電撃痙攣,非麻酔時脳波には影響しない.これはシスタチオニンが先づ肝でシスチンとなり,しかる後に薬物に解毒的に働らくためと解釈され,直接脳内に侵入したシスタチオニンの中枢作用と考えられるような成績は得られなかつた.
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489