Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

心臟瓣膜疾患トワッセルマン氏反應

林 香苗
Thumnail 34_139.pdf 278 KB
抄録
一、予ハ心臟瓣膜疾患々者血清ニ就キワッセルマン氏反應ヲ檢セルモノナルヲ以テ、縦令ワッセルマン氏反應陽性ナルモノト雖モ本疾患ノ原因ヲ必ズ黴毒ナリト云ハントスルモノニ非ズ。唯黴毒ニ對スル蓋然的觀察ト認メントスルモノナリ。二、一二五例ノ心臟瓣膜疾患々者中四五・六%ニ於テワッセルマン氏反應陽性ナリ。三、大動脈瓣膜疾患ハ僧帽瓣膜疾患ニ比シワッセルマン氏反應ノ陽性ナルモノ多シ。而シテ前者ハ六二・五%、後者ハ三七・八%ニ於テ陽性ナリ。四、各瓣膜疾患中、大動脈瓣不全閉鎖ニ於テワッセルマン氏反應陽性ナルモノ最多ク、七六・九%ニ達セリ。五、男子ハ女子ニ比シワッセルマン氏反應ノ陽性率高シ。殊ニ大動脈瓣膜疾患ニ於テ著明ナリ。六、年齡上、十乃至二十年代ニ於テハワッセルマン氏反應ノ發現甚稀有ナルモ、四十、五十乃至六十年代ニ於テハ其陽性率ヲ増スモノナリ。但シ其際僧帽瓣膜疾患ニテハ尚ホ其過半數陰性ナレドモ、大動脈瓣膜疾患ニテハ其大多數陽性ナリ。七、此等ノ觀察ヨリシテ、吾人ハ大動脈瓣膜疾患ハ勿論何レノ心臟瓣膜疾患ニテモ、患者ノ既往症如何ニ拘ハラズ、毎囘ワッセルマン氏反應ヲ檢シ、黴毒ヲ考慮中ニ置クベキモノナリト云ハント欲ス。
備考
原著
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489