Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

小細胞癌成分を含む食道癌肉腫の1切除例

田辺 俊介 岡山大学病院 消化管外科
白川 靖博 岡山大学病院 消化管外科
前田 直見 岡山大学病院 消化管外科
大原 利章 岡山大学病院 消化管外科
野間 和広 岡山大学病院 消化管外科
櫻間 教文 岡山大学病院 消化管外科
柳井 広之 岡山大学病院 病理診断科
山辻 知樹 川崎医科大学 総合外科学
猶本 良夫 川崎医科大学 総合外科学
藤原 俊義 岡山大学病院 消化管外科
Thumnail 124_145.pdf 8.12 MB
抄録
We experienced a case of esophageal carcinosarcoma with a component of small cell carcinoma. The patient was a 73-year-old man. We administered chemotherapy of CDDP+VP-16, and performed an operation after 2 courses of this chemotherapy. Subtotal esophagectomy and reconstruction with the small intestine was performed. More than three years after resection, he remains alive and recurrence-free. There are few cases of esophageal carcinosarcoma and small cell carcinoma. We report this rare case herein.
キーワード
食道癌肉腫(esophageal carcinosarcoma)
小細胞癌(small cell carcinoma)
食道(esophagus)
備考
症例報告(Case Report)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
DOI