Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

恒常活性型カルシニューリンによる毛周期制御機構―新しい機構に基づく発毛促進ペプチドの開発―

藤村 篤史 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 細胞生理学
富澤 一仁 熊本大学大学院生命科学研究部 分子生理学
松井 秀樹 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 細胞生理学
Thumnail 124_101.pdf 3.56 MB
キーワード
calcineurin/NFAT
alternative splicing
calcium sensitivity
hair cycle
cyclin G2
備考
平成23年度岡山医学会賞(結城賞)受賞論文 (The 2011 Okayama Medical Association Award)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
DOI