Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後に 急性胃蜂窩織炎を併発した1例

西江 学 国立病院機構福山医療センター 外科
岩川 和秀 国立病院機構福山医療センター 外科
濱野 亮輔 国立病院機構福山医療センター 外科
徳永 尚之 国立病院機構福山医療センター 外科
常光 洋輔 国立病院機構福山医療センター 外科
大塚 真哉 国立病院機構福山医療センター 外科
稲垣 優 国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 国立病院機構福山医療センター 外科
合原 大博 国立病院機構福山医療センター 内科
藤田 勲生 国立病院機構福山医療センター 内科
村上 敬子 国立病院機構福山医療センター 内科
友田 純 国立病院機構福山医療センター 内科
Thumnail 123_133.pdf 5.23 MB
抄録
Phlegmonous gastritis is a rare inflammatory lesion in which bacterial infection occurs in the gastric wall. A 92-year-old man was admitted to the medical ward due to early gastric cancer. The patient received endoscopic submucosal dissection (ESD), and he complained of sudden-onset upper abdominal pain the day after ESD. On physical examination he showed rebound tenderness in the upper abdomen. The white blood cell count was 16,100/μl, and an abdominal CT-SCAN showed diffuse and irregular thickening of the gastric wall. At emergency operation, a subtotal gastrectomy was performed, and the patient had an uneventful recovery.
キーワード
急性胃蜂窩織炎 (phlegmonous gastritis)
内視鏡的粘膜下層剥離術 (endoscopic submucosal dissection:ESD)
備考
症例報告 (Case Report)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
DOI