Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

右側結腸癌に対するリンパ節郭清範囲の検討

岩垣 博巳 岡山大学医学部第一外科学教室
日伝 晶夫 岡山大学医学部第一外科学教室
浜田 史洋 岡山大学医学部第一外科学教室
椎木 滋雄 岡山大学医学部第一外科学教室
松原 長秀 岡山大学医学部第一外科学教室
赤在 義浩 岡山大学医学部第一外科学教室
須崎 紀一 岡山大学医学部第一外科学教室
渡辺 哲也 岡山大学医学部第一外科学教室
野中 泰幸 岡山大学医学部第一外科学教室
木村 臣一 岡山大学医学部第一外科学教室
淵本 定儀 岡山大学医学部第一外科学教室
折田 薫三 岡山大学医学部第一外科学教室
抄録
The lymph node metastases of the right side colon were studied. Among 58 cases of right side colon, nodal involvements were found in 53.4%. Metastases to the epicolic and paracolic nodes were confined to an area within 10 cm from the tumor margin. Metastases to the intermediate nodes were found in 20.7% and metastases to the main nodes in 15.5%. Jumping metastases were recognized in 5 out of 31 cases of nodal involvement (16.1%). As the rate of jumping metastases is unexpectedly high, lymph node dissection for right colon cancer should be done as far as the main nodes.
キーワード
右側結腸癌
リンパ節転移率
跳躍転移
備考
原著
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489