Bulletin of Higher Education Okayama University
Published by Global Partners, Center for Faculty Development, Language Education Center, Career Development Center Okayama University

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

“No worst, there is none” 一考

荻野 勝 岡山大学言語教育センター
抄録
本論では、19世紀イギリス詩人のジェラード・マンリー・ホプキンズの晩年の作品“No worst, there is none”の表現方法について分析する。ホプキンズは、20歳の頃イギリス国教 会からカトリックに改宗し、さらにイエズス会に入会した。カトリックとして神への深い 信仰を持っていたホプキンズは、晩年苦悩に満ちた人生を迎えることになる。本論では、そ の苦悩がこの詩の中でどのように表現されているかを分析する。シェークスピアの『リア 王』からの影響、「心の中の山」という心象風景、音声やリズムを工夫した表現などに特に 注意を払いながら、この詩の特徴を捉えてゆく。最後に、この詩の中の「私」とは誰のこ とか、について考察する。
キーワード
ジェラード・マンリー・ホプキンズ
ブライト・ソネッツ
ダーク・ソネッツ
イエズス会
ウィリアム・シェークスピア
ISSN
1881-5952
NCID
AA12114090