このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47686
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Possibility of Sand Culture for Melon Using Root-proof Capillary Wick in Mid-summer Period
著者
川原 雅規
桝田 正治 岡山大学
抄録
Effects of liquid fertilizer (LF) and controlled-release fertilizer (CRF) on growth and fruit enlargement of netted melon in 6L sand medium were investigated in a cultivation method using root-proof capillary wicks in mid-summer. Average of maximum and minimum root-zone temperatures was 34.8°Cand 26.9°C, respectively. Wilted symptoms appeared very often in 5 out of 8 plants at 2 weeks after transplanting in CRF with a high electric conductivity (EC) of medium solution. In contrast, such symptoms were not found at all in LF with a lower EC. In LF, average fruit weight was 2.3Kg and fruit Brix was 14.4, and non-wilted plants in CRF also showed the same levels as LF in weight and Brix of fruits. These results indicated the possibility of sand culture for melon in mid-summer with LF or a modified fertilizer combination design of CRF.
抄録(別表記)
栽培期間の大半の日数が高温となる盛夏期において防根給水ひもを用いたメロン砂栽培が可能であるかどうかを検討した.処理区は,大塚A処方培養液のECを段階的に低下させて供給する培養液区,全量を肥料調節型肥料で培地に混和する肥効調節型肥料区(以下、肥料区)の2区とした.最高平均地温は34.8℃,最低平均地温は26.9℃であった.肥料区では定植2週間後の交配期に8株中5株に萎れ症状が生じたが,これは定植後~交配期において培地が高EC状態であったことが原因と考えら れた.一方で,培養液区では萎れ症状は全くみられなかった.肥料区の正常3個体と培養液区の全個体の果実重の平均は2.3 ㎏,糖度 (Brix°) は14.4であった.以上より,盛夏期における防根給水ひもを用いたメロン砂栽培は,培養液管理によって安定生産が見込めること,肥料での栽培も施肥設計を考慮すれば同期の砂栽培に適用可能であることが示唆された.
キーワード
capillary watering
liquid fertilizer
controlled-release fertilizer
high temperature
備考
原著論文 (Original paper)
発行日
2012-02-01
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
101巻
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
13
終了ページ
18
ISSN
2186-7755
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa