このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49020
FullText URL
Title Alternative
The Changes in Physics Education in Upper Secondary Level in Germany - A Comparative Study between the Gymnasial Upper Stage in Saxony and the Extended Secondary School in East Germany
Author
Abstract
ドイツ・ザクセン邦のギムナジウム上級段階と東ドイツの拡大オーベルシューレとに焦点 を当て,ほぼ30年を経た,いわば新旧指導要領などの比較考察から,後期中等教育段階の物 理教育の変遷を明らかにした。この新物理に至り,必修でなく選択教科や分野の設定,可能 な履修時間幅の拡大があり,目標も変容し,現代物理学の重視という変化もあり,生徒の興 味関心・教師の自由裁量を考慮・許容してきている。結局,イデオロギーの変化や科学技術 の発展に加えて,対象生徒数の増大に対応してきたといえるだろう。
Keywords
東ドイツ
ザクセン邦
後期中等教育段階
物理教育
歴史的研究
Published Date
2012-11-27
Publication Title
岡山大学大学院教育学研究科研究集録
Publication Title Alternative
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Volume
volume151
Publisher
岡山大学大学院教育学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Education, Okayama University
Start Page
81
End Page
91
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
bgeou