このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 52712
Sort Key
16
Title Alternative
Drug interaction (30. combination with therapeutic drugs for chronic pain)
FullText URL
Thumnail 126_159.pdf 547 KB
Author
Ogawa, Atsushi
Note
ニュース&ビュー (News & View)
Publication Title
岡山医学会雑誌
Published Date
2014-08-01
Volume
volume126
Issue
issue2
Publisher
岡山医学会
Publisher Alternative
Okayama Medical Association
Start Page
159
End Page
163
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
Content Type
Journal Article
OAI-PMH Set
岡山大学
language
日本語
Copyright Holders
Copyright (c) 2014 岡山医学会
File Version
publisher
Refereed
True
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma
References
1) 亀山祐美, 秋下雅弘 : 高齢者の安全な薬物療法(第29回)三環系抗うつ薬で疼痛コントロール, 投薬量減量, ADL・QOL改善を実現した症例. Geriatr Med (2011) 49, 723-725.
2) 井上 紳 : 慢性疼痛と治療のアルゴリズム. Dental Med Res (2012) 32, 221-225.
3) 武田泰子, 井関雅子 : 鎮痛補助薬による神経障害性疼痛の治療新情報―抗うつ薬を中心に―. Brain Med (2009) 21, 273-278.
4) 辻 貞俊, 牛田享宏, 新井健一, 末冨勝敏, 西原真理, 池本竜則, 柿木隆介, 岡田和将, 野寺裕之, 村上正人, 比嘉和夫, 齋藤洋一 : 標準的神経治療 : 慢性疼痛. 神経治療 (2010) 27, 593-622.
5) 松平 浩, 竹下克志, 久野木順一, 山崎隆志, 原 慶宏, 山田浩司, 高木安雄 : 日本における慢性疼痛の実態―Pain Associated Cross-sectional Epidemiological (PACE) survey 2009. JP―. ペインクリニック(2011)32, 1345-1356.
6) サインバルタ®カプセル20㎎, 30㎎医薬品インタビューフォーム(第5版), 塩野義製薬株式会社, 大阪(2013).
7) Sullivan MD, Robinson JP : Antidepressant and Anticonvulsant Medication for Chronic Pain. Phys Med Rehabil Clin N Am (2006) 17, 381-400.
8) 飯田宏樹, 松本茂美 : 新たな神経障害痛の治療戦略デュロキセチンの臨床. 日臨麻会誌(2013)33, 33-40.
9) Iyengar S, Webster AA, Hemrick-Luecke SK, Xu JY, Simmons RM : Efficacy of Duloxetine, a Potent and Balanced Serotonin-Norepinephrine Reuptake Inhibitor in Persistent Pain Models in Rats. J Pharmacol Exp Ther (2004) 311, 576-584.
10) 春原啓一, 津田喬子 : オピオイド剤の有害事象を頻発した脊髄損傷後疼痛の一例. 日ペインクリニック会誌(2012)19, 551-552.
11) 高橋俊雅, 長岡由女, 宮岡良卓, 春日崇臣, 麦谷 望, 桑田昇治 : 透析患者の末梢神経障害性に対するプレガバリンの有効性と安全性. 慢性疼痛(2012)31, 145-152.
12) 永原 央, 野田英児, 前田 清, 井上 透, 平川俊基, 長谷川毅, 渋谷雅常, 平川弘聖 : 大腸癌におけるPregabalinのOxaliplatin起因性末梢神経障害に対する効果. 癌と化療(2013)40, 1181-1183.
13) 中島寿久, 木場崇剛, 小川喜通, 細川敦子, 新谷洋美, 岡田優子, 谷口貴子, 繁田正信, 小澤和博 : Paclitaxel起因性末梢神経障害にPregabalinが有効であった腎盂腎がんの1例. 癌と化療(2012)39, 1443-1445.
14) Taylor CP, Angelotti T, Fauman E : Pharmacology and mechanism of action of pregabalin : The calcium channel α2-δ (alpha2-delta) subunit as a target for antiepileptic drug discovery. Epilepsy Res (2007) 73, 137-150.
15) 小川節郎, 小松真由美, 大野誠一郎, 山根ひとみ, 早川和宏 : プレガバリン(リリカ®)使用成績調査 : 中間解析結果報告. Prog Med (2013) 33, 2159-2171.
16) リリカ®カプセル25㎎, 75㎎, 150㎎医薬品インタビューフォーム(第7版), ファイザー株式会社, 東京(2013).
17) 信太賢治, 尾頭希代子, 小林玲音, 樋口比登実, 増田 豊 : ガバペンチンの有用性―プレガバリンが使用困難な症例に対して―. 慢性疼痛(2012)31, 135-138.
18) Finnerup NB, Sindrup SH, Jensen TS : The evidence for pharmacological treatment of neuropathic pain. Pain (2010) 150, 573-581.
19) 山口 忍, 宮本真紀, 吉村文貴, 松本茂美, 竹中元康, 飯田宏樹 : 疼痛疾患におけるガバペンチンの有効性とその長期効果. 日臨麻会誌(2012)32, 366-370.
20) ガバペン®錠200㎎, 300㎎, 400㎎, ガバペン®シロップ5%医薬品インタビューフォーム(第8版), ファイザー株式会社, 東京(2013).
21) Dworkin RH, O'Connor AB, Backonja M, Farrar JT, Finnerup NB, Jensen TS, Kalso EA, Loeser JD, Miaskowski C, Nurmikko TJ, Portenoy RK,
Rice AS, et al. : Pharmacologic management of neuropathic pain : evidence-based recommendations. Pain (2007) 132, 237-251.
22) ノリトレン®錠10㎎, 20㎎医薬品インタビューフォーム(第13版), 大日本住友製薬株式会社, 大阪(2013).
23) 堀 里子, 澤田康文 : 徹底理解!添付文書にある情報・ない情報 添付文書にある情報―長期間持続するテルビナフィンとノルトリプチリン, アミトリプチリンとの相互作用―. 薬局(2012)63, 3572-3575.
24) ノイロトロピン®錠4単位医薬品インタビューフォーム(第7版), 日本臓器製薬株式会社, 大阪(2013).
25) 井上真輔, 牛田享宏 : 神経障害性疼痛の治療. Brain Med (2012) 24, 19-26.
26) 村川和重, 森山萬秀, 柳本富士雄, 中野 範, 福永智栄, 森田美由紀, 池田和世, 神原政仁 : 【慢性疼痛の薬学的ケア】慢性疼痛の薬物治療 ノイロトロピン. 薬事(2008)50, 1909-1915.
27) 千葉知史, 伊達 久, 滝口規子, 渡邉秀和 : バルプロ酸Naが有効であった慢性疼痛の2症例. 慢性疼痛(2010)29, 103-106.
28) デパケン®錠100㎎, 200㎎, デパケン®シロップ5%, デパケン®細粒20%, 40%, デパケン®R錠100㎎, 200㎎医薬品インタビューフォーム(第20版), 大日本住友製薬株式会社, 大阪(2014).
29) 住谷昌彦, 山田芳嗣 : 神経障害性疼痛に対する薬物療法治療指針の考察. Locomotive Pain Fronti(2012)1, 78-82.
30) 井上真輔, 牛田享宏 : 神経障害性疼痛の治療. Brain Med (2012) 24, 19-26.