このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 1700
JaLCDOI
FullText URL
Author
Abstract
本論では異文化が接触する際に、言語と言語の接触により生じる言語構造の変容についてバルカン半島および周辺地域の言語現象をみながら、その基本現象の概観と方法論上の問題点および新たに確認された現象の報告を行い、文化共生学に対する言語学からの提言を行う。
Publication Title
文化共生学研究
Published Date
2003
Volume
volume1
Issue
issue1
Publisher
岡山大学大学院文化科学研究科
Publisher Alternative
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
Start Page
81
End Page
92
ISSN
1880-9162
NCID
AA11823043
Content Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
岡山大学
language
日本語
File Version
publisher
NAID
Eprints Journal Name
scs