このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 56051
FullText URL
Thumnail fulltext.pdf 2.09 MB
Author
Yamamoto, Etsuyo Archaeological Research Center, Okayama University
Yamaguchi, Yuji Archaeological Research Center, Okayama University Kakenhi publons
Abstract
瀬戸内沿岸における縄文時代の人間活動を理解するためには、古地形復元と遺跡動態との関連を分析することが重要な視点となる。その第一歩として、同地域で有数の縄文遺跡密集地である岡山平野において、ボーリングコアを採取する調査を実施し、その地質調査から、特に海岸線に現れる環境変化の復元を試みた。その結果、縄文海進のピーク以降も、相対的な海水準変動が海岸線の変化をもたらし、人間活動に影響を与えた可能性が、遺跡動態の検討からも予想されることとなった。
Note
本冊子は、「岡山県南部地域における縄文~弥生時代の古地形復元と遺跡動態に関する考古学的研究」を課題とした、2015年度(平成27年度)~2017年度(平成29年度)の研究成果の一部で、JSPS 科研費15K02980の助成を受けたものである。
Published Date
2018-02
Start Page
1
End Page
7
Content Type
Research Paper
language
日本語
File Version
publisher