JaLCDOI 10.18926/14410
Title Alternative A Survey on Role and Actual Working Status of the Special Needs Education Coordinator in Public Elementary and Junior High School
FullText URL 008_117_126.pdf
Author Miyake, Yasukatsu| Yokogawa, Shinji| Yoshitoshi, Munehisa|
Abstract 本研究では、小・中学校における特別支援教育コーディネーターを対象に質問紙調査(144校)を実施し、その職務の状況と校内体制の在り方に関して考察を行った(回収率;59.0%,85校)。その結果、特別支援教育コーディネーターの活動は、校内での支援体制づくりの過程にあり、多くが現在の体制について満足しておらず、「校務分掌や担任の仕事が忙しく、時間がない」、「教職員の理解が得られない」といった課題を感じていた。今後、地域性や校内事情を考慮しながらも、一定のコーディネーター像を確立した上で、特別支援教育に関する学校全体の意識を高めていく必要性が示唆された。
Keywords 特別支援教育 (Special Needs Education) 特別支援教育コーディネーター (Special Needs Education Coordinator) 校内体制 (School System)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 117
End Page 126
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308195
JaLCDOI 10.18926/14408
Title Alternative The consciousness of the students for the snowboarding class of the general education of university
FullText URL 008_109_116.pdf
Author Yamaguchi, Tatsuo|
Abstract 本研究は、スノーボード集中講義の履修希望学生および受講生を対象に、スノーボード授業に対する意識を調査したものである。授業実施前と実施後にアンケートを実施した結果、学生の意識が以下の如く明らかになった。即ち、受講の動機としては以前から体験を望んでおり、授業にはスキルの向上や知識の獲得を期待していた。実習期間としては2泊3日、実習地には近くを望んでいる。約4万円の費用は半数以上が妥当とみなしている。本集中講義の総合的評価は高かった。
Abstract Alternative This study investigated the consciousness of the student for the snowboarding intensive lecture. The questionnaire was performed in the beginning and end of the intensive lecture. By it, the consciousness of the student became clear as follows. The students always longed to snowboard. And they wished a skill improving by a class and they want to get knowledge about the snowboarding. They judged that it was appropriate to do a class for three days. The students wished they took a class in a slope nearly. More than their half thought that it was proper to need about 40,000 yen expense. Their general evaluation for this intensive lecture was high.
Keywords スノーボード (Snowboarding) 体育実技授業 (Athletics class) 集中講義 (Intensive lecture) アンケート (Questionnaire)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 109
End Page 116
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308107
JaLCDOI 10.18926/14407
Title Alternative PROPOSAL OF ARITHMETIC LESSON MODEL WITH ITS EMPHASIS ON PISA TYPE OF READINGABILITY
FullText URL 008_099_108.pdf
Author Nobuyasu, Hiroshi| Kurosaki, Toyoo|
Abstract PISA型読解力は良好とは言えない状況にある。PISA型読解力の育成は、算数教育においても喫緊の課題である。算数教育の中でPISA型読解力を育成するには、実現したい姿を具体的にイメージ化することが大切である。算数科でPISA型読解力が身についた姿をイメージ化することで、目標が明確になり、目標を達成する方策も具体的になると考える。それでは、読解力が身についた姿とはどのような姿だろうか。PISA型読解力の構成要素は、「理解」「熟考」「活用」である。「理解」とは、問題から必要な情報を取り出し、根拠を基に図・式・ことば等の数学的表現を用いて自分の考えを見出すことである。「熟考」とは、自分の考えを説明し、他者との話し合いの中で自己の考えを振り返ることである。「活用」とは、獲得した知識、技能、考え方を創造的・発展的に新たな学習や日常生活に生かすることである。以上のように考えて、PISA型読解力を育成する授業モデルを開発した。
Abstract Alternative In view of an unsatisfactory result of PISA type of reading ability with Japanese pupils, the improvement of that ability is of vital importance. Keeping before us a specific image of achievement with PISA type of reading ability, we can make clear the goal and the means to meet it. What sort of abilities, then, are meant by the development of the reading power? The constituent factors of PISA type of reading ability represent understanding, reflections, and their applications. The ability to understand is to be able to get necessary information out of the problem, and to arrive at our own ideas that are fouded and expressed mathematically by diagrams and charts. The capability of reflection is to explain our ideas, and to reflect on their full implications in communication with others. Application of our ideas would mean the power of utilizing the acquired knowledge, skills, and ways of thinking in furthering the study and in finding its implications in our everyday life. Keeping these in perspective, let us suggest a lesson model that helps to nurture PISA type of reading ability.
Keywords PISA 型読解力( PISA type of reading ability) 理解 (understanding) 熟考 (reflection) 活用 (application)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 99
End Page 108
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308365
JaLCDOI 10.18926/14406
Title Alternative Psychoeducational approach to prevent emotional and behavioral problems among forth graders in an elementary school
FullText URL 008_089_098.pdf
Author Ando, Mikayo|
Abstract 青少年の情緒的および行動上の問題を予防するための心理教育的アプローチとして、心の健康教室プログラム“サクセスフル・セルフ”を開発し、小学校高学年の児童、中学生を中心に実施している。本研究では、このプログラムを小学4年生に実施し、その評価を行った。プログラム前から後の心理社会的要因、情緒的および行動上の問題に関する要因の変化を検討したところ、男女とも「衝動性・攻撃性」、「いじめ」、「身体的いじめ加害」、「言語的いじめ加害」、「仲間はずれ加害」、「身体的いじめ被害」、「無視被害」、「仲間はずれ被害」、「夜遊び」、「落ち込み」、「泣く・泣きたい」、「不眠」において、有意な減少が見られた。プログラム後の児童の感想から、自己理解、他者理解、自分の気持ちを話して気分が楽になる体験の場になったことが示唆された。引き続きの検討が必要と考えられるが、本プログラムの祥がう4年生への学級での実施は可能で、主にいじめや抑うつ状態に建設的な変化をもたらすことが推測された。
Abstract Alternative A psychoeducational program entitled, "Successful Self", has been developed and administered to students from the fifth grade through junior high school grades to prevent emotional and behavioral problems. The objective of this study was to evaluate this program when administered to fourth grade elementary students. Emotional and behavioral problems including "aggressiveness and impulsiveness", "physical and verbal bullying", "staying out late at night", "depression", "sleeplessness", "exclusion", and "crying" significantly decreased from pre to post interventions. The students' impressions indicated that the program helped them better understand themselves as well as others in communicating their problematical feelings. It is suggested that this psychoeducational program be administered to fourth grade students in an effort to lessen bullying and depression.
Keywords 問題行動 (Problem behavior) いじめ (depression) 抑うつ状態 (bullying) 小学生 (primary school students) 心理教育 (psychoeducation)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 89
End Page 98
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308421
JaLCDOI 10.18926/14405
Title Alternative Long lasting effects of auditory learning of random melodies : A preliminary research for educational application
FullText URL 008_081_088.pdf
Author Ueda, Ayaka| Terasawa, Takafumi|
Abstract 近年、間接再認手続きを用いた研究において、無作為に作成されたメロディの潜在記憶が数ヶ月間保持されることが報告されている。本研究では大学生を対象に、集団実験によってこの現象の再現性を検討することに加えて、自らの成績に潜在記憶の影響が現れる実験を体験することによって、参加者の学習の意識が変化するか否かを検討した。その結果、メロディの潜在記憶が得られ、再現性が確認された。また、潜在記憶を体験することによって、わずかな学習に対する意識の変容が見られた。本研究の結果は、本研究手法によって、子どもの学習に対する意識が変容する可能性を示すものである。今後、学校現場で実践することが期待される。
Keywords 間接的再認手続き (indirect recognition procedure) 潜在記憶 (implicit memory) 学習意識 (attitudes toward study) メタ記憶 (metamemory) メロディ (melody)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 81
End Page 88
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308461
JaLCDOI 10.18926/14404
Title Alternative A Study of Relationship between Self-Esteem, Clarity of Self-Concept, and Temporal Stability of Self-Consept
FullText URL 008_073_080.pdf
Author Inoue, Shoji|
Abstract 本研究は、自尊感情水準の高低と自己概念の明確性およびその時間的安定性との関係を調べるものである。これまでの研究から低自尊感情者は、高自尊感情者と比較して、自己概念が曖昧または中間的であることが確認されている。また、低自尊感情者は高自尊感情者と比較して自己概念の変動性が高いことも確認されている。しかし、これらの知見は、それぞれ異なる被験者について得られたものである。本研究では同じ被験者について自己概念の明確性および時間的安定性を調べた。結果は別々の被験者から得られた結果と一致していた。同一の被験者においても低自尊感情者は、高自尊感情者よりも、自己概念の明確性および時間的安定性が低かった。
Abstract Alternative This article examines relationship between self-esteem, clarity of self-concept, and temporal stability of self-concept within identical person. This study tested the hypothesis that the self-concepts of low self-esteem people have less clarity or certainty than those of high self-esteem people. Low self-esteem subjects exhibited less extremity and self-reported confidence when rating themselves on bipolar traitadjectives, less temporal stability in their trait ratings about a 2-month interval.
Keywords Self-Esteem Clarity of Self-Concept temporal stability of Self-Concept
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 73
End Page 80
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308054
JaLCDOI 10.18926/14400
Title Alternative On Alphabetic Writing System in English Language Education
FullText URL 008_063_072.pdf
Author Seta, Yukito|
Abstract 本稿は、まず、中学校における英語学習の過程において、学習者の障壁となり得る要素の内のいくつかは、アルファベットという文字体系と深く関係していることを指摘する。次に、英語教育内容学という観点から、将来英語教師を目指す学生に、教育現場で必要とされる実践的な応用力を身につけさせるためには、大学の講義ではアルファベットに関してどのような知識を提供すべきであるかについて論じ、実践的な教授手順と共に具体的な教授内容を提示する。
Abstract Alternative This paper aims to show a way of teaching in a framework of integrated studies in English language education which helps to solve some problems that probably hinder the junior (and/or senior) high school students from learning English. First, it is shown that some of the problems which the students encounter in English learning are closely related with the alphabetic writing system. Then, some important pieces of background knowledge about it (e.g., its history, its difference from the Japanese writing system, i.e, the writing system in kana mixed with Chinese characters, etc.) are given, and it is demonstrated how necessary it is to teach them at the university. Finally, some concrete model and its procedure for teaching background knowledge about the alphabetic writing system are proposed.
Keywords アルファベット (alphabet) 仮名 (kana the Japanese syllabaries) 文字体系 (writing system) 英語教育内容学 (Integrated studies in English language education)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 63
End Page 72
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308317
JaLCDOI 10.18926/14398
Title Alternative Consideration of Musical Activities for Teacher Training
FullText URL 008_049_062.pdf
Author Mushiaki, Masako|
Abstract 2006年12月、音楽教育講座定期演奏会において、学生有志によるミュージカル「美女と野獣」ハイライトが上演された。講演終了後、ミュージカル参加者に対して行ったアンケート調査より、出演者たちが、楽しさ、充実感、創り上げる連帯感、仲間意識などの高揚感を感じた一方、公演継続に際する問題意識を持ったことがわかった。それは、第1に「取り組む時期」の遅さ、第2に「練習計画や役割分担」の不明確さによるもので、ミュージカルの仕上がりや衣装・小道具・大道具の制作が大幅に遅れたことは大きな反省点となった。今後、公演を「学生の主体的な活動」に持っていくための方策として、教員側と学生側の連携をいかに図るか、また、総合演習のような横断的なカリキュラム内容の充実等についての検討が急がれる。
Keywords ミュージカル (Musical) 制作 (Production) 主体性 (independence) 総合演習 (General Laboratory) カリキュラム (Curriculum)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 49
End Page 62
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308030
JaLCDOI 10.18926/14396
Title Alternative Appreciation of Japanese Calligraphy by German University Students : Focused on "Hitsumyaku" and Deformation
FullText URL 008_039_048.pdf
Author Yamamoto, Kazuhiro| Oku, Shinobu|
Abstract 本研究の目的は、漢字を持たない文化圏における書の観賞について最重要とされる筆脈とデフォルメの感受を明らかにすることである。本稿では、様々な専門をもつドイツの大学生を対象に行った実験結果を、日本における同種の実験結果と比較する。考察の結果以下の結論を得た。 ①書は、可読性が書き手と観賞者の間の共通項として重要な働きを持つ。しかし、一方で観賞者は読むことのできない文字に対しても、内的自己と照らし合わせて観賞することができる ②書き手の制作意識は「筆脈」により観賞者に感じ取られる。 ③書作品は、障害のある書き手による場合でも作品自体の魅力によって観賞者の心をとらえる。 ④書は、漢字文化圏を超えて世界に広がる可能性を持ったグローバルな芸術領域である。
Abstract Alternative Purpose of this study is to examine appreciation of most important factors in Japanese Calligraphy, "hitsumyaku" and "deformation" by German university students of various major field, who have not been grown up out of "kanji" culture. Comparing the results with our former examination for Japanese students, following results were made clear, 1. Even though readability of letters plays an important role between calligrapher and viewer in generally, viewers can appreciate unreadable letters with reference to his/her own inner mind. 2. Calligrapher's intension can be appreciated through "hitsumyaku". 3. Calligraphy by handicapped people can appeal to viewers without knowing about the calligrapher's handicaps and their letters themselves can attract viewers. 4. Calligraphy which is consist of various lines is a global art being able to appeal people across the kanji culture.
Keywords 筆順 (writing order) 筆脈 (hitsumyaku) 線芸術 (linier art) デフォルメ (deformation) 障害者 (handicapped people)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 39
End Page 48
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308349
JaLCDOI 10.18926/14395
Title Alternative An Investigation on Computer Usages in School Music Education : on Questionnaires for Music Teachers using computer in teaching and Studnets
FullText URL 008_029_038.pdf
Author Kondo, Akiko| Oku, Shinobu|
Abstract コンピュータは、1990年代に飛躍的に性能が向上し、小型化・低価格化と共に一般へ普及、学校教育においても情報教育でコンピュータが扱われるようになり需要が増加した。しかし、最近ではコンピュータ音楽実践報告などもほとんどない。原因把握のための実態調査が必要とされる。そこで、本稿では、各学校段階の音楽教員及び高等学校と大学のコンピュータ音楽授業受講生を対象に意識調査を行った。 調査の結果、問題点としてコンピュータ周辺機器のコスト、メンテナンスできる技術者の不足、教員がコンピュータ音楽ソフトの勉強などに割く時間がない、音楽ソフトの選択が困難であることが判明した。問題の解決のためにはコンピュータメンテナンスサポートの充実、および音楽とコンピュータソフトをつなぐコーディネータの育成と情報発信共有化が望まれる。
Keywords 音楽授業 (music classroom) コンピュータ活用 (computer-aid) 質問紙 (questionnaire) 音楽教員 (music teacher) 音楽学生 (music student)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 29
End Page 38
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308287
JaLCDOI 10.18926/14394
Title Alternative On Life-long Music Learning in Okayama City : Focused on Music Learning in Public Community Centers
FullText URL 008_017_028.pdf
Author Niiya, Akiko| Oku, Shinobu|
Abstract 生涯学習の場で理想とされる「すべての人に満足のいく学習づくり」に向けて、本稿では音楽学習が盛んに行われている岡山市の公民館に焦点を当て、実態調査によって問題点を明らかにすることを目的とする。公民館の音楽学習の特徴を浮かび上がらせるために、インタビューや意識調査を行い、その結果を民間学習機関、個人教授所、大学サークルと比較する。 調査の結果、公民館における生涯学習の可能性についての問題点として以下の3点が明らかになった。 ・公民館における音楽学習のリピーターが多く、他の学習形態・機関からの新入が少ないこと。 ・若い世代にとって公民館が学習の継続のための対象機関として認識されていないこと。 ・音楽用の防音設備と適切なスペースの確保
Abstract Alternative In Okayama City, various life-long learning facilities have been founded and many people are learning there. The idealistic concept of life-long learning is said to make all people to be satisfied at learning. In this paper, we focused on public community center. We examined music leaning in community centers through interviews and questionnaires. The results are compared with other learning, i.e. studio music leaning and pedantic music circles in a university. The results show that community centers are ot popular among young generation. To develop life-long music learning more information about community center is necessary.
Keywords 生涯音楽学習 (life-long music education) 公民館 (community center) 岡山市 (Okayama city) 個人教授所 (private music institusion) 大学サークル (music circle in university)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 17
End Page 28
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308155
JaLCDOI 10.18926/14392
Title Alternative Development of Bioreactor that is Made of Everyday Materials Around Us : Aiming to Efficient Production of Bioethanol
FullText URL 008_009_016.pdf
Author Urakawa, Yohei| Kakihara, Seiji|
Abstract 本研究は身近にあるものを使い、従来のバイオリアクタ―よりも効率よくバイオエタノールを生産することができる、新しいバイオリアクタ―を開発することを目的とした。 試行錯誤の結果、日常生活品として容易に手に入れることができるものを使い、従来のものよりも約2~4倍高い値のバイオエタノールを生産することが可能にした。
Abstract Alternative We developed a bioreactor that is used for producing bioethanol. Our bioreactor is made of everyday materials that are inexpensive and easy to obtain. Our bioreactor is 2 to 4 times more efficient at producing bioethanol than conventional one.
Keywords バイオエタノール (Bioethanol) バイオリアクタ― (Bioreactor) 高校理科 (High School Science) 微生物 (Microorganism)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 9
End Page 16
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308091
JaLCDOI 10.18926/14391
Title Alternative A Do-it-yourself Bioreactor that Can Be Used for Teaching Purpose
FullText URL 008_001_008.pdf
Author Urakawa, Yohei| Kakihara, Seiji|
Abstract 本研究では、開発したバイオリアクタ―の利点や改善点を確認し、また高校生に「バイオエタノール」についての関心や理解を持たせることを目的とし、授業実践を行った。 その結果、従来のバイオリアクタ―と比べて、短い時間で明確にバイオエタノールの有無が確認でき、バイオエタノールの生産過程やその価値に対して、生徒は興味を持って考察する態度が見られるようになった。
Abstract Alternative We considered the advantages and disadvantages of the bioreactor we developed, and made some improvements. Compared with the conventional one, our bioreactor did not take long to check for the presence of bioethanol. We put the bioreactor into practice to high school students. We examined how students react to the bioreactor and bioethanol. As a result, it was found that it's easy for students to observ the process of producing bioethanol in our bioreactor. Students got the grasp of the values associated with the bioethanol, and became interested in it. Judging from the questionnaire, thet came to take a positive attitude to bioethanol and topics related to them.
Keywords バイオエタノール (Bioethanol) バイオリアクタ― (Bioreactor) 高校理科 (High School Science) 微生物 (Microorganism)
Publication Title 岡山大学教育実践総合センター紀要
Published Date 2008-03-10
Volume volume8
Issue issue1
Start Page 1
End Page 8
ISSN 1346-3705
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002308308