このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14912
JaLCDOI
Sort Key
10
FullText URL
Author
Ashida, Kozo Kaken ID researchmap
Tsugeno, Hirofumi
Hosaki, Yasuhiro
Mitsunobu, Fumihiro Kaken ID publons researchmap
Mifune, Takashi
Nishida, Norikazu
Okamoto, Makoto
Tanizaki, Yoshiro
Tsuji, Takao
Abstract
症例は80才,女性。76才時[平成7年11月]より肝機能異常[アルカリフォスファターゼ高値]を認め,肝機能異常出現1年7ケ月後,血清学的検索で原発性胆汁性肝硬変症が疑われたが,無治療にて外来で経過を観察を行った。アルカリフォスファターゼ値は漸増傾向を示し,トランスアミナーゼ値の異常も伴ってきたため,平成12年11月精査目的で入院。組織検査等で無症候性原発性胆汁性肝硬変症[PBC]と診断した。PBCは中年・女性に好発する疾患で,高齢【特に後期高齢者]での発症は極めて稀である。4年間の自然経過も含め,興味深いと考えられたので報告する。
Keywords
原発性胆汁性肝硬変症 (primary biliary cirrhosis)
高齢 (elderly)
自然経過 (natural course)
Publication Title
岡大三朝分院研究報告
Published Date
2001-02-01
Volume
volume71
Publisher
岡山大学医学部附属病院三朝分院
Publisher Alternative
Misasa Medical Branch, OKayama University Medical School
Start Page
73
End Page
75
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
Content Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
岡山大学
language
日本語
File Version
publisher
NAID
Eprints Journal Name
mmc