Author Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool|
Published Date 1989-07
Publication Title 環境病態研報告
Volume volume60
Content Type Others
Author Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool|
Published Date 1989-07
Publication Title 環境病態研報告
Volume volume60
Content Type Others
Author Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool|
Published Date 1989-07
Publication Title 環境病態研報告
Volume volume60
Content Type Others
Author 三朝分院看護部|
Published Date 1989-07
Publication Title 環境病態研報告
Volume volume60
Content Type Others
Author Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool|
Published Date 1989-07
Publication Title 環境病態研報告
Volume volume60
Content Type Others
Author Matsubara, Fumie| Endo, Hiroi| Sudo, Michiyasu| Tanizaki, Yoshiro|
Published Date 1989-07
Publication Title 環境病態研報告
Volume volume60
Content Type Data or Dataset
JaLCDOI 10.18926/19834
Title Alternative Application of personal computer system in nursing division. -(1) Programming for a roster-
Author Nakai, Mutsuo| Yoshida, Junko| Inagaki, Kikuko|
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 103
End Page 107
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
JaLCDOI 10.18926/19832
Title Alternative Analytic study on colon examination for the past three years.
FullText URL 060_100_102.pdf
Author Akiyama, Tsuneo| Nakai, Mutsuo| Ochi, Koji|
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 100
End Page 102
ISSN 0913-3771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309110
JaLCDOI 10.18926/19828
Title Alternative A case report of linitis plastica type of colon cancer.
FullText URL 060_094_099.pdf
Author Hirai, Shunichi| Suzuka, Ichio| Morisue, Shinhachi| Soda, Mitsuhiro| Tokuno, Teruo| Komoto, Yoshiaki| Sunakawa, Mitsuru| Yorozu, Hidenori| 大塚 昭雄|
Abstract 原発性びまん浸潤型大腸癌は,全大腸癌症例の1%未満と比較的稀な疾患であり,一般大腸癌症例とくらべてその予後の悪いことで知られている。その原因の一つとして,確定診断の困難さがあるが,これは粘膜病変の欠如のために生検で確論がつきにくい点にある。我々の症例は,43歳の女性で,横行結腸に原発した症例である。腹痛を訴えて入院後,急速にイレウス状態となり,注腸検査で横行結腸の高度な狭窄を認めた。大腸ファイバースコープは腹痛のため病変部まで届かず,膣擦過細胞診およびダグラス窩穿刺腹水細胞診にて腺癌細胞を確認できた。手術所見はP(3)H(0)S(3)N(4)で,姑息切除に終わった。本症は手術時の進行度がきわめて高度であるので,本症を疑って確診のつかない症例には,上記のような細胞診も試みてみるべきと思われる。
Keywords びまん浸潤型大腸癌 スキルス大腸癌 (Scirrhous Carcinoma of the Colon) Ⅳ型大腸癌 Linitis Plastica型大腸癌 (Linitis Plastica Type of Carcinoma)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 94
End Page 99
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309174
JaLCDOI 10.18926/19825
Title Alternative Classification and concepts of pancreatitis
FullText URL 060_083_093.pdf
Author Harada, Hideo| Tanaka, Juntaro| Ochi, Koji| Matsumoto, Shuji| Ishibashi, Tadaaki| Seno, Toshinobu| Miyake, Hirofumi|
Abstract 膵炎の分類は膵臓研究の進歩とともに変遷を重ねたが,ここ20年間はマルセイユ分類(1963年)が国際的に広く用いられてきた。しかし最近,膵検査法の進歩と膵研究の知見の蓄積を背景にして,ケンブリッジ(1983年),マルセイユ(1984年),およびローマ(1988年)において分類の改訂を目的に国際シンポジウムが開催され,それぞれに新しい膵炎の分類が提案された。各分類には多くの共通点が見られるが重要な相違点もある。各分類を十分に理解していないとしばらくは混乱に陥ることが危惧される。幸い筆者の1人はこれらのシンポジウムに招待され参加する機会を得たので,成文の背景にある討議を詳しく紹介し,各分類を比較しながらその特徴を述べた。それとともに将来理想的な分類を完成するために今後検討すべき課題をも指摘した。そして,これら分類の当面の利用法に関する筆者らの提案を述べた。
Keywords 膵炎 分類 (Classification and concepts of pancreatitis) 急性膵炎 (Acute pancreatitis) 慢性膵炎 (Chronic pancreatitis)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 83
End Page 93
ISSN 0913-3771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309066
JaLCDOI 10.18926/19821
Title Alternative Interstitial matrix components in relation to the pathogenesis of fibrosis
FullText URL 060_076_082.pdf
Author Seno, Toshinobu| Harada, Hideo| Ochi, Koji| Tanaka, Juntaro| Matsumoto, Shuji| Ishibashi, Tadaaki| Takeda, Masahiko| Miyake, Hirofumi|
Abstract 慢性膵炎の症例は近年増加の一途をたどっており,その発症機序と病態の解明および対策の確立が急がれている。慢性膵炎の重要な所見の一つである膵間質線維化の発生機序の解明および早期発見法の確立は重要な課題であるが,従来の知見は断片的にすぎない。そこで,筆者らは膵線維化の系統的な研究を始めるにあたって,細胞間マトリックスの構成成分と線維化に関する従来の知見および今後の課題を整理した。細胞間マトリックスのうちでも特にコラーゲン,グリコサミノグリカン,フィブロネクチンをとりあげ,その構造と機能および組織の線維化形成における役割について文献的考察を行った。今後,膵組織および膵液中のプロリンハイドロキシラーゼ,コラーゲンとその型別分布および各型コラーゲンの比,ヘキソサミン,デルマタン硫酸,フィブロネクチン,ラミニンを検討することが重要と思われた。
Keywords 慢性膵炎 (Chronic pancreatitis) 膵の線維化 (Interstitial fibrosis of the pancreas) 膵間質成分 (Interstitial matrix of the pancreas)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 76
End Page 82
ISSN 0913-3771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309179
JaLCDOI 10.18926/19817
Title Alternative Radiation horrnesis with Radon baths
FullText URL 060_072_075.pdf
Author Komoto, Yoshiaki| Tokunoh, Teruo| Soda, Mitsuhiro| Hirai, Shunichi| Morisue, Shinhachi| Suzuka, Ichio| Sunakawa, Mitsuru| Yorozu, Hidenori|
Abstract ラドン泉浴の保温作用は,薬効的には高濃度(13,764-23,743Bq/ℓ)ラドンの吸入による組織循環の改善による。ラドンによる脈管作動的機序はなお明らかにし得ていないが,末梢循環改着作用に基づく保温効果は疲労回復,及び退行性変性の慢性疼痛緩解に適応を有する。生物に対する放射能は,すべて有害とする認識が一般的であるが,自然放射能を含めてその刺激作用によりbio-positiveの恩恵を受けている。ラドン泉浴によるbio-negativeの報告も見られる中で,ホメオスターシスの維持に必要なbio-positiveなhormetic effectsとしての刺激作用の解明が望まれる。
Keywords ラドン泉 (Radon springs) 適応症 (lndications) 放射能泉 (Radioactive springs) ホルミシス (Hormesis)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 72
End Page 75
ISSN 09133771
Related Url http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/6511
language 日本語
File Version publisher
NAID 120005816789
JaLCDOI 10.18926/19813
Title Alternative Absolute ethanol injection for non-parasitic hepatic cyst.
FullText URL 060_067_071.pdf
Author Morisue, Shinhachi| Suzuka, Ichio| Hirai, Shunichi| Soda, Mitshiro| Tokuno, Teruo| Komoto, Yoshiaki| Sunakawa, Mitsuru| Yorozu, Hidenori| Komatsubara, Shokichi| Teramoto, Shigeru|
Abstract 非寄生虫性肝嚢胞の3例に,超音波ガイド下にドレナージ及び純エタノール注入を行い,全例に嚢胞の著明な縮小効果を認めた。本法は手技も容易で,副作用も軽微であり,エタノール注入と嚢胞縮小効果の間には1カ月以上の時間的な経過を要するが,肝嚢胞に対して,外科的療法に代わる有用な治療法であると思われる。
Keywords 肝嚢胞 (Liver cyst) 超音波ガイド下穿刺術 (Ethanol injection) エタノール注入療法 (Transcutaneous hepatic puncture)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 67
End Page 71
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309013
JaLCDOI 10.18926/19808
Title Alternative Clinical studies on serum cortisol levels in patients with intractable asthma
FullText URL 060_061_066.pdf
Author Araki, Hiroyuki| Kitani, Hikaru| Sudo, Michiyasu| Tanizaki, Yoshiro| Tada, Sinya| Takahashi, Kiyoshi| Kimura, Ikuro|
Abstract 重症難治性喘息におけるステロイド剤の副腎皮質機能,免疫能に及ぼす影響を調べるため,喘息患者65例を過去3年間のステロイド剤使用状況により,Ⅰ群:依存性症例,Ⅱ群:時に使用する症例,Ⅲ群:非使用例の3群に分け,血清コルチゾール値,末梢血リンパ球数及び血清免疫グロブリンについて検討した。結果は,血清コルチゾール値:Ⅰ群4.0μg/dℓ,Ⅲ群11.6μg/dℓ,末梢血リンパ球数:Ⅰ群1,659/mm(3)Ⅲ群2,150/mm(3),I gG:Ⅰ群1,062mg/dℓ,Ⅲ群1.501mg/dℓ,IgA:Ⅰ群218mg/dℓ,Ⅲ群279mg/dℓ,IgM:Ⅰ群148mg/dℓ,Ⅲ群227mg/dℓとⅠ群はⅢ群に比べ有意に低い平均値を示しステロイド剤の副腎皮質機能,免疫能への抑制作用が窺われた。また末梢血リンパ球数の減少は,高齢者のステロイド依存性例に顕著であった。
Keywords 重症難治性喘息 (Intractable asthma) 血清コルチゾール (Serum cortisol) 末梢血リンパ球 (Peripheral lymphocytes) 血清免疫グロブリン (Serum immunoglobuiin)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 61
End Page 66
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309108
JaLCDOI 10.18926/19805
Title Alternative Clinical studies on bronchial asthma induced by chironomid midges -comparison between positive and negative cases to house dust-
FullText URL 060_054_060.pdf
Author Kitani, Hikaru| Araki, Hiroyuki| Sudo, Michiyasu| Tanizaki, Yoshiro| Tada, Sinya| Takahashi, Kiyoshi| Kimura, Ikuro| Matsuoka, Hiroyuki| Ishii, Akira|
Abstract 近年ユスリカが気管支喘息の原因抗原となり得ることが報告されている。しかし,その臨床的特徴はいまだ明らかにされていない。このユスリカ抗原の特徴を検討する目的で,気管支喘息症例163例をHD(ハウスダスト)に感作されたRAST score2+以上の陽性例82例とscore1+以下の陰性例81例とに分けて比較検討を行なった。その結果皮膚反応,ヒスタミン遊離,CTT抗原を用いた特異的IgE抗体いずれの検討においても,HDに感作された症例が,よりユスリカ抗原にも感作されやすいことが明らかになった。
Keywords 気管支喘息 (Bronchial asthma) ユスリカ (Chironomid midges) ヒスタミン遊離 (Histamine release) ハウスダスト (House dust)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 54
End Page 60
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309057
JaLCDOI 10.18926/19802
Title Alternative IgE-mediated reaction in non-atopic asthma
FullText URL 060_047_053.pdf
Author Tanizaki, Yoshiro| Sudo, Michiyasu| Kitani, Hikaru| Araki, Hiroyuki|
Abstract 気管支喘息の発症にIgE抗体がどの程度関与しているのかを中心に若干の検討を加えた。1.若年発症型喘息(発症;20才以下,現年齢;30才以下)では,非難治例15例の血清IgE値は947±656IU/mℓで,HDのRASTが陽性を示した症例は12例(80%),難治例12例では血清IgE値214±102IU/mℓで,HDのRAST陽性は6例(50.0%)であった。2.一方,中高年発症型喘息(発症;40才以後)では,非難治例15例の血清IgE値は388±324IU/mℓで,HDのRAST陽性は6例(40%)であったが,難治例15例ではIgE値253±82IU/mℓで,HDのRASTは全例陰性であった。これらの結果から,いずれの群においても,IgE系反応が弱い場合に喘息が重症化しやすいことが示された。3.アトピー型,健康人,非アトピー型におけるI1gE系反応(皮内反応,血剤IgE,特異的IgE,ヒスタミン遊離)の陽性率や強度は,それぞれ異なっていたが,非アトピー型においてもIgE系反応が低下ないし抑制された状態で関与している可能性が示唆された。
Keywords アトピー型喘息 (Atopic asthma) 非アトピー型喘息 (Non-atopic asthma) 皮内反応 (Skin reaction)  血清IgE (Serum lgE) 特異的lgE (Specific lgE)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 47
End Page 53
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309025
JaLCDOI 10.18926/19797
Title Alternative Clinical evaluation of co-examination by sigmoidoscopy and barium enema study for early diagnosis of colon cancer
FullText URL 060_039_046.pdf
Author Ochi, Koji| Ishibashi, Tadaaki| Matsumoto, Shuji| Seno, Toshinobu| Tanaka, Juntaro| Harada, Hideo| Akiyama, Tsuneo| Nakai, Mutsurou| Hayashimoto, Kanae|
Abstract 注腸・内視鏡同日併用法の大腸早期癌診断における有用性の検討,その診断能向上のための検査前日食改善を目的に,同法を施行した94例の診断能,従来のBrown変法に準じた献立食とレトルト食(サンケンクリン)とのX線画像の質,内視鏡時の残渣の程度,被検者への味のアンケートを分析した。発見大腸腫瘍は癌5例(早期癌2例,進行癌3例),ポリープ26例32病変である。早期癌はともにポリープの形態をとり,注腸,内視鏡とも病変を指摘できた。病変の好発部位である直腸・S状結腸で注腸・内視鏡によるダブルチェックができる。前日食の検討ではレトルト食が従来の献立食と比し,注腸・内視鏡ともに優れた腸内洗浄能を有し,味のアンケートからも劣ることはなかった。大腸癌早期発見の2次スクリーニングとして,レトルト食を前日食とする同法の有用性が示された。
Keywords 大腸早期癌 (Ealry diagnosis of colon cancer) 注腸・内視鏡同日併用法 (Co-examination by sigmoidoscopy and barium enema study) 大腸検査前処置 (Preparation for colon examination)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 39
End Page 46
ISSN 0913-3771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309136
JaLCDOI 10.18926/19793
Title Alternative Maternity swimmlng at Misasa Hospital of Okayama University Medical School. Second report. The indication and its practice.
FullText URL 060_035_038.pdf
Author Okuda, Hiroyuki| Kondou, Yuji| Sakata, Junko| Yosida, Sachie| Tanizaki, Yosiro|
Abstract 第一報において,当科外来通院妊婦を対象とした妊婦水泳に関するアンケート調査の結果を報告1)したが,その結果にもとづき,1988年2月より妊婦水泳を開始し,11カ月を経過した。この間,初産婦および前回難産経験をもつ経産婦を主たる対象として,積極的に水泳を奨めた結果,18例の妊婦水泳を経験することができた。その結果,流早産例は1例もなく,児の予後も良好であり,妊婦管理の一環としての妊婦水泳の安全性と有用性が確認できたので,当科における妊婦水泳の現状とその適応につき報告する。
Keywords 妊婦水泳 (Maternity swimming)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 35
End Page 38
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309143
JaLCDOI 10.18926/19790
Title Alternative Oxygen inhalation therapy for chronic venous ulcer. -An additional treatment modality-
FullText URL 060_031_034.pdf
Author Komoto, Yoshiaki| Tokunou, Teruo| Soda, Mitsuhiro| Hirai, Shunichi| Morisue, Shinnhachi| Suzuka, Ichio| Sunakawa, Mitsuru| Yorozu, Hidenori|
Abstract 長期にわたり反復する静脈性潰瘍は,静脈圧亢進により拡張した毛細管の増加とその周辺に滲出したフィブリンの沈着により,血液からの酸素,及び栄養物の供給が妨げられている。医用質量分析装置による皮下組織ガス分圧の評価で経鼻的に100 % の酸素吸入により潰瘍周辺への酸素供給が認められたので,重篤臨床例に対して静脈圧減圧処置に加えて酸素吸入を併用したところ,潰瘍の治癒傾向は著しく速くなり,補助療法としての意義を認めた。
Keywords 慢性静脈性潰瘍 (Chronic venous ulcer) 組織ガス分圧 (Partial pressure of tissue gases) 医用質量分析装置 (Medical mass spectrometer) 酸素拡散 (Oxygen diffusion) 酸素吸入療法 (Oxygen inhalation therapy)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 31
End Page 34
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309180
JaLCDOI 10.18926/19785
Title Alternative Spa therapy for bronchial asthma -Clinicai studies on 93 cases with bronchial asthma-
FullText URL 060_025_030.pdf
Author Sudo, Michiyasu| Araki, Hiroyuki| Kitani, Hikaru| Tanizaki, Yoshiro|
Abstract 1982年1月から1988年12月までの7年間に三朝分院内科に入院し,温泉療法を受けた気管支喘息93例を対象に,その背景因子,免疫アレルギー学的要素および温泉療法の臨床効果について総合的に検討した。1.年齢の平均は52.6才,発症年齢の平均は41.7才であり,両者ともやや高齢であった。2.血清IgE値の平均は506.2IU/mℓであった。300IU/mℓ以下の症例は59例(63.4%)であり,半数以上の症例が血清IgE値正常ないし低値を示した。3.皮内反応ではカンジダに陽性を示す症例が44例と最も多く,次にハウスダスト(以下HDと略す)26例,スギ13例,キヌ8例であった。4.換気機能検査では気管支攣縮型において換気機能の低下傾向が最も少なく,細気管支閉塞型で換気機能の低下傾向が特に% MMF,% V(50),% V(25)のような細気管支の閉塞を示すパラメーターの低下傾向がより高度であった。5.対象症例の臨床病型は気管支攣縮型が47例でほぼ対象症例の半数を占め次いで気管支攣縮+過分泌型29例,細気管支閉塞型17例の順であった。6.温泉療法の全般的有効率は79.6%であった。臨床病型別では細気管支閉塞型17例中16例(94.1%)が有効例であり,細気管支閉塞型で最も有効例がみられた。
Keywords 気管支喘息 (Bronchial asthma) 温泉療法 (Spa therapy) 臨床病型 (Asthma type)
Publication Title 環境病態研報告
Published Date 1989-07
Volume volume60
Start Page 25
End Page 30
ISSN 09133771
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002309015