このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54889
JaLCDOI
Sort Key
4
Title Alternative
Several Points of Issue on the Informed Consent-An Analysis of a Model Case from the Aspect of Comparative Law
FullText URL
Author
Note
論説 (Articles)
本稿は、2016年9月24日に立命館大学で開催された第4回日韓比較医療と法学会における「患者にとって理解可能な説明のあり方が、手術合併症の表現の仕方、同意書の記載内容、代替的治療法の説明に関して争われた事例」と題する筆者の報告の基礎となったものである。
Publication Title
Okayama Law Review
Published Date
2017-03
Volume
volume18
Publisher
岡山大学大学院法務研究科
Publisher Alternative
Okayama Law School
Start Page
15
End Page
46
ISSN
1881-1485
NCID
AA12143769
Content Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
岡山大学
language
日本語
File Version
publisher
NAID
Eprints Journal Name
olr