このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14783
Eprint ID
14783
FullText URL
Author
Mitsunobu, Fumihiro Kaken ID researchmap
Hosaki, Yasuhiro
Iwagaki, Naofumi
Nagata, Takuya
Fujii, Makoto
Yokoi, Tadashi
Hamada, Masanori
Tanizaki, Yoshiro
Abstract
Clinical effects of long-term spa therapy for 4 years were estimated in 8 patients of pulmonary emphysema (4 with spa therapy and 4 without spa therapy) by pulmonary function and morphological changes of peripheral airspaces of the lung on high - resolution computed tomography (HRCT). 1 . The values of % FVC, % FEV1.0, and FEV 1.0% did not significantly change for 4year observation both in patients with spa therapy and those without spa therapy. 2. The OLco value significantly decreased from 69.9% at the initial level to 48.8% after 4-year observation in patients without spa therapy (p
Abstract Alternative
肺気腫に対する4年以上にわたる温泉療法の臨床効果を,肺機能の面および末梢肺領域の形態学的変化により評価した。 1.FVC,% FEV1.0,およびFEV1.0%値は,温泉療法を受けた症例と受けなかった症例の間に有意の差は見られなかった。 2.拡散能(DLco)は,温泉療法を受けなかった症例では,観察初期の69.9%から4年後には48.8%と有意の低下を示したが,温泉療法を続 けた症例では,有意の低下は見られなかった。 3.% RVおよびHRCT上の-950HU以下の肺のlow attenuation area(LAA)は,いずれも温泉療法を受けなかった症例では有意の増加傾向を示したが,温泉療法を受けた症例では有意の増加傾向は見られなかった。 4.Crnumberは,温泉療法を受けなかった症例では有意の低下を示したが,温泉療法を続けた症例では有意の変化は見られなかった。これらの結果より,肺気腫に対する温泉療法を続けることにより,% DLcoや % RVは改善する傾向を示し,同時に肺胞の過膨脹の部分(破壊された部分ではなく)が改善されていく可能性が示唆される。
Keywords
spa therapy (温泉療法)
pulmonary emphysema (,肺気腫)
% RV
% DLco
% low attenuation area of the lung
Published Date
2004-02-01
Publication Title
岡大三朝医療センター研究報告
Publication Title Alternative
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Volume
volume74
Publisher
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
Publisher Alternative
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Start Page
11
End Page
17
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
英語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
mmc