このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 671
Eprint ID
671
FullText URL
Title Alternative
Effect of Starvation on Immunological Function of Chicks : I. Effect on Humoral Immunity
Author
Taniguchi, Yoshihiro
Tanabe, Akira
Toriumi, Tooru
Abstract
隔日絶食による長期間の飢餓状態におけるニワトリヒナのGRBC及びBAに対する抗体産生能力を調べることにより,液性免疫機能に及ぼす飢餓の影響について試験した. 本試験において得られた結果は以下のようである. (1)絶食期間中,ヒナの体重増加はまったく認められず,強度の飢餓状態にあると思われた. (2)飢餓状態にあるヒナでは,抗GRBC,抗BA共に抗体価が上昇する傾向が示された. (3)血中のγ-グロブリン総量及び産生された抗体中のIgM比率については,対照との間に差が認められなかった. (4)飢餓状態のヒナにより産生される抗GRBC抗体の半減期は,対照に比べ有意に長いことが示された. 以上の結果から,長期にわたる飢餓にさらされたヒナでは,産生される抗体の血中からの消退が遅延し,その結果,抗体価が上昇するものと思われた. これは,抗体産生の亢進によるものではなく,産生された抗体の分解遅延に起因するものと思われた。
Published Date
1983
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume63
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
27
End Page
33
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa