このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19885
Eprint ID
19885
FullText URL
Title Alternative
リン脂質過酸化物の生物有機化学的合成
Author
Baba, Naomichi
Yoneda, Kenji
Sasakura, Keiji
Shigeta, Yasutami
Kishida, Yasuhiro
Aoishi, Akihiro
Daido, Hiroko
Iwasa, Junkichi
Tahara, Shoichi
Kaneko, Takao
Matsuo, Mitsuyoshi
Shimizu, Sakayu
Abstract
Chemoenzymatic synthesis of 1-stearoyl-2-hydropeoxyacyl-sn-glycerophospholipids including phosphatidylcholine (PC-OOH), phosphatidic acid (PA-OOH), phosphatidylethanolamine (PE-OOH), phosphatidylglycerol (PG-OOH) and phosphatidylserine (PS-OOH). The hydroperoxy acyl moieties were prepared via hydroperoxidation of linoleic, dihomo-γ-linolenic and arachidonic acids by soybean, potate lipoxygenase or autoxidation. Their hydroperoxy group was protected as a dimethylperacetal before condensation with lysophosphatidylcholine. Optically active lysophosphatidylcholine was prepared via short pathway involving lipase-catalyzed direct enantioselective stearoylation of 2-O-benzylglycerol and choline phosphate synthesis. Peroxy fatty acids and lysophosphatidylcholine thus obtained were condensed using dicyclohexylcarbodiimide in chloroform. Removing the peracetal group in the product and purification by reverse-phase chromatography afforded the desired PC-OOH’s. PA-OOH, PG-OOH, PE-OOH and PS-OOH were obtained by phospholipase-D catalyzed transphosphatidylation from PC-OOH. As a reference compound for biological studies of hydroperoxy phopholipid, PC-OH's were also prepared in which hydroxy unsaturated fatty acyl group was linked to the sn-2 position of the glycerophospholipids.
Abstract Alternative
健康正常人の血液などの組織中にはリン脂質過酸化物が極微量で存在し,疾病や老化によってその濃度が顕著に上昇する事が知られている.その事が明らかにされた当初は,極めて複雑な混合物をなす生体脂質中に含まれる不安定な極微量の過酸化脂質を単離・構造決定する事は殆ど不可能と考えられていた.現在もなお,そのような脂質過酸化物を生体組織から純粋に取り出し,構造決定したという報告は無い.従ってそのような分子種の化学的・生理学的性質は不明であったが,脂肪酸過酸化物が毒性を示す事から,リン脂質過酸化物もおそらく毒性を示すだろうと考えられてきた.このような漠然とした推定を科学的に明らかにするためには,化学合成によらざるを得ない.我々はこの未知の合成に取りかかった.しかし,従来の化学的手法のみでは不可能である事も明らかであった.その中で予想された困難の一つは極めて不安定なヒドロペルオキシ基を不飽和脂肪酸のある特定の位置にどのように導入するかという問題と,ヒドロペルオキシ基に影響を与える事なく合成中間体をどのように化学変換するかであった.第一の問題に対する解決策として,不飽和脂肪酸に大豆リポキシゲナーゼを作用させる事で解決する事ができた.植物に広く分布する酵素であるリポキシゲナーゼは植物中でリノール酸に作用して過酸化し,その生成物にヒドロペルオキシドリアーゼという酵素が作用して種々のアルデヒドが精製し,これは植物の青臭みを与える.第二の問題に対しては,リノール酸に導入された不安定なヒドロペルオキシ基をパーアセタールとしての保護する事により解決した.この保護基は,中間体から最終生成物に至るまでの反応条件,例えばDCCによるアシル化反応に対して安定である事が明らかとなった.この二つの問題を解決する事によって,リン脂質過酸化物の一つであるホスファチジルコリン過酸化物を世界に先駆けて成功した.さらにこのホスファチジルコリン過酸化物に微生物由来のホスフォリパーゼDを作用させる事によってホスファチジルエタノールアミン過酸化物,ホスファチジルセリン過酸化物やホスファチジルグリセロール過酸化物の合成にも成功した.また,トリグリセリド過酸化物の合成も可能になった.これらの脂質過酸化物が化学的に実態のあるものとして認識されてから,その生理作用に関する研究が広範に行われている.しかし,生体組織に存在するリン脂質過酸化物の生理学的役割は依然として明らかになっていない.ある種のリン脂質過酸化物が動物の免疫系を活性化するという報告もあり,必ずしも生体に対して悪い作用をするばかりではないようである.
Keywords
phospholipid
peroxide
hydroperoxide
phospholipase D
lipoxygenase
Published Date
2010-02-01
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume99
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
71
End Page
84
ISSN
0474-0254 
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
英語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa