このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 168
Eprint ID
168
FullText URL
Title Alternative
Studies on the Tolerance of Grape Vines to Potassium Chlortate. : (I). On the Differences of Tolerance to Potassium Chlolate among the Varieties(1).
Author
Honda, Noboru
Okazaki, Mitsuyoshi
Hashimoto, Tatsuo
Mitsuhara, Shinji
Abstract
1.葡萄の穂品種11種及び台品種4種について栽培実験することなく,それらの葉のKClO3抗毒性の大小によって耐乾性の強弱または少なくともILJINのいうDesciccation Resistanceの強弱を推定する目安を得る目的で本実験を行った.8月下旬から10月下旬にわたり,午後3時頃採葉したものを直ちに0.03%を標準とするKClO3液に挿し,24時間暗所に置いた後,清水に替えて明所に24~72時間置いて葉面に現われる害徴を判定した.2.穂品種の害徴度指数をみるとMuscat of Alexandriaは0,甲州,Neo Muscat及びMuscat Bailey Aは10~11,Campbell Early,巨峰,甲州3尺及びGros Colmanは17~20であった.DelawareはCampbell Earlyよりも抗毒性やや強く,Red MillenniumではMuscat Bailey Aより稍弱い.3.Berlandieri×Riparia 420AはCampbell Earlyよりも抗毒性弱く,Hybrid Francは甲州と同程度である.Riparia×Rupestris 3306は同3309より抗毒性がやや弱い.本実験の範囲内では葡萄の穂品種間ではそれらの耐乾性の強弱とKClO3抗毒性の大小と比例するが,台品種間では逆に比例するものゝ如くである.4.同じく東洋系欧州種に属するといわれる甲州と甲州3尺において後者は前者よりはるかに抗毒性が小であること,及びMuscat of Alexandria種と甲州3尺の交配種であるNeo Muscatの抗毒性が両者の中間であることなどは注目に値する.5.同一樹上の葉相互間にもKClO3抗毒性に個体差が認められる。
Published Date
1963
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume22
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
9
End Page
19
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa