大岡昇平と『美女と野獣』

Note
文化受容と翻訳の諸問題