村上春樹vs.カラマーゾフ――現代日本の翻訳文化と世界文学

沼野 充義
Note
文化の交流、文化の翻訳