Okayama Law Journal
Published by The Association of Law of Okayama University

時間外労働協定の労働者側当事者が労働者の過半数を代表する者とは認められず,労使協定が無効とされた例

Note
判例研究 (Comments on cases)
ISSN
0386-3050
NCID
AN00033040