Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

早期診断にて軽快したMPO-ANCA関連血管炎の一例

Ichikawa, Hirohisa
Ono, Katsuichiro
Yokoi, Tadashi
Nagata, Takuya
Okamoto, Makoto
Tsugeno, Hirohumi
Nishida, Norikazu
Hosaki, Yasuhiro
Tanizaki, Yoshiro
Noguchi, Yoshinori
Abstract
症例は76歳男性03年前肺気腫と診断された。今回呼吸器リハビリテーション目的で当院に入院の運びとなった。入院時より37-38'Cの発熱を認め,下気道感染を疑い抗生剤で加療したが改善しなかった.入院時の検尿検査で蛋白・潜血陽性であり,血清MPO-ANCAが307U/mlと高値を示した。血清クレアチニン値も徐々に上昇してきたため,MPO-ANCA関連血管炎と診断した.プレドニゾロン投与を開始したところ,症状及び検査所見は速やかに改善した.
Keywords
ANCA関連血管炎
早期診断
顕微鏡的多発血管炎
Note
症例
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279