Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

温泉療法が骨関節症患者のQOLに及ぼす効果

Yokoi, Tadashi
Hosaki, Yasuhiro
Nishida, Norikazu
Tsugeno, Hirofumi
Okamoto, Makoto
Nagata, Takuya
Tanizaki, Yoshiro
Inoue, Hajime
Abstract
近年QOLが重視されるようになってきている。MOS short form 36 health survey(以下SF-36と略す)は,国際的レベルでの基準とされるべく開発された非疾患特異的HRQOL尺度である.今回,我々は当院でリハビリテーションをうけているOA患者を対象に温泉療法の効果をSF-36を用いてQOLの変化を調べたoSF-36の8項目をそれぞれ算出し,温泉療法前後でのQOLの比較を行った。pCSは36.4から37.1へ,MCSは53.0から55.4へ上昇したことより,身体・健東面ともに効果があると考えられた。
Keywords
SF-36
生活の質 (Quality of Life)
関節症 (Osteoarthritis)
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279