Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

上腹部不定愁訴患者の胃・胆嚢運動に関する研究

Yamamoto, Ryoichi
Matsumura, Naoki
Chowdhury, Riaz
Kato, Tadahiro
Ochi, Koji
Tanaka, Juntaro
Harada, Hideo
Yokota, Satoshi
Mifune, Takashi
Tanizaki, Yoshiro
Abstract
現在,上腹部不定愁訴の原因は特定されていない。その原因を解明するため,上腹部不定愁訴患者8人と健常対照者10人に対して液体食の胃排出能と,食事負荷による胆嚢収縮能を測定した。胃排出時間,胆嚢収縮能はいずれも両者に有意な差は認められなかった。健常対照者では胃排出時間と胆嚢収縮時間に有意な相関関係が認められたが,上腹部不定愁訴群では相関関係は認められなかった。上腹部不定愁訴の原因として胃・胆嚢協調運動障害の存在が示唆 された。
Keywords
胃運動 (Gastric motility)
胆嚢運動 (Biliary motility)
不定愁訴 (indefinite complaint)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852