Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

アルコール性膵炎

Harada, Hideo
Tanaka, Juntaro
Ochi, Koji
Matsumoto, Shuji
Seno, Toshinobu
lzushi, Michihiro
Tanizaki, Yoshiro
Abstract
膵炎のうちもっとも頻度が高いアルコール性膵炎(AIP)の疫学,臨床像および発生機序に関する従来の知見を総括した。AIPの大多数は慢性膵炎である。通常は長期にわたる多量の飲酒を背景に発症するが,遺伝的素因および食事因子も重要な役割を演じる。発症初期には血中膵酵素の上昇をともなう腹痛が病像を支配するが,進展すると膵外分泌不全による消化吸収障害と膵内分泌不全による糖尿病が病像を支配するようになる。アルコール性慢性膵炎は非アルコール性慢性膵炎にくらべて確診時にすでに進展した症例が多く,合併症が多く,進行が早く,予後が悪い。死亡の主たる原因は癌の併発と糖尿病の合併症で,膵炎の急性増悪発作がこれにつぐ。併発する癌のなかでは膵癌よりもむしろ上部気道および上部消化管の癌が多い。発生機序としてはDuctal-Plug説とToxic-Metabolic説が有力であるが,最近は細 胞内膵酵素活性化説とFree Radical説も注目をあびている。
Keywords
アルコール性膵炎 (Alcohol-induced pancreatitis)
慢性膵炎
急性膵炎
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718