Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

慢性膵炎における膵管X線像の診断学的価値 ―屍体膵を用いての検討―

Tanaka, Juntaro
Matumoto, Shuuji
Ochi, Kouji
Irie, Seiji
Takeda, Masahiko
Harada, Hideo
Abstract
慢性膵炎25例および対照として正常例125例計150例の新鮮剖検膵を用いて膵管造影を行い,X線所見と同部位の組織所見とを厳密に対比させ,慢性膵炎における各X線所見の診断学的価値を検討した。その結果,主膵管像では不整拡張像,硬化+辺縁不整像,狭窄+辺縁不整像が,分枝像では不整拡張像および不整配列像が,positive predictive value(PPV),specificity(Sf),negative predictive value(NVP)ともに77.1~100% の高率を示した。しかしsensitivity(St)は,2.1~18.1% と低率であった。したがって,これらの所見は慢性膵炎を診断する上で組織予見性および特異性に優れた診断的価値のあるX線所見と言える。しかし一方では軽症の慢性膵炎の検出能はあまりよくないという限界が膵管造影法にはある。
Keywords
慢性膵炎 (chronic pancreatitis)
膵管造影像 (pancreatogpaphy)
ISSN
09133771
NCID
AN10084718