Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

リニアック(東芝LMR-15A)の故障の統計と分析

Nakagiri, Yoshitada
Mikami, Yasutaka
Sibuya, Koichi
Inamura, Keiji
Tahara, Seiji
Uno, Hirofumi
Sugita, Katsuhiko
Hiraki, Yoshio
Abstract
放射線治療の成否は厳密に設定されたTarget Volumeに如何に正確な線量を照射するかによって決まる。治療術式の過程において、最も大きな誤差を生む要因は照射機器である。誤差の少ない治療を目指す第一歩は機器を正確に作動させることであり、日常からの保守点検および整備が必要である。今回、岡山大学附属病院で1976年から1991年までに使用されたリニアックについて、その故障状況を集計し、部位別故障件数、管球の寿命、稼動率などを分析検討した。その結果、故障件数では設置され稼動を始めた1976年、装置の老朽化が進んだ1990、1991年に多かった。部位別集計では加速部に圧倒的に多く、次いで照射口、高圧部の順であった。稼動率は設置年および1987年を除いてはいずれも96%以上とよい結果であった。この結果は全国に稼動している同型の装置の保守点検に役立つものと考える。
Keywords
放射線治療 (radiotherapy)
直線加速器 (linear accelarator)
故障 (troubles of radiation system)
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371