Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Published by Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡山大学医療技術短期大学部紀要 (1巻-9巻)

身体機能障害者の公共交通機関利用を妨げる要因

Higaki, Michiyo
Akazawa, Yoshiko
Ohta, Yasuyo
Akazawa, Toyoko
Ohta, Hisae
Ohno, Nobuko
Miyake, Hiromi
Ishihara, Hiroe
Matsuura, Norie
Abe, Keiko
Akagi, Mika
Ohta, Takeo
Okano, Hatsue
Abstract
機能訓練事業として実施している「生活リハビリ教室」の教室生208名を対象に,公共交通機関を利用して外出するために障害になっている要因を明らかにする目的で,郵送法による自記式アンケート調査を行った。回答は125名(60.1%)からあった。外出経験がある者は67名(53.6%)で外出経験がない者が58名であった。外出時に付添いが必要と思っている者は,外出経験のない者に多かった。公共交通機関を利用しての外出を阻害している要因には,乗り物の昇降口に段差があることや早く発車して危険である,また周囲の人に介助を依頼しにくいことなどが挙げられている。身体機能障害者が外出できない理由は個人によって異なってはいるが,地域社会に身体機能障害者を受け入れる環境を整えていく必要がある。
Keywords
身体機能障害者 (disabled person)
外出 (traveling)
公共交通機関 (public transportation)
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004