Bulletin of Center for Teacher Education and Development, Okayama University (ISSN 2186-1323)
Published by Center for Teacher Education and Development, Okayama University

教員養成課程における福祉教育の視点から考える 道徳授業づくりの検討 : ハンディキャップのある人の教材化に関する道徳性分析から

坂本 清美 Former Okayama University graduate school pedagogy postgraduate course technological assistance one
作田 澄泰 Waseda University institute of teacher education
Nakayama, Yoshikazu Okayama University whole school education and student support organization
Abstract
 本研究では,教職志願者の大学生を対象とし,ハンディキャップをもつ人の生き方から自己を見つめると共に,将来希望する校種における道徳授業づくりについて検討した。授業を検討する際に,福祉教育の観点を視野に入れ指導案を作成し,中心場面,プレゼンテーションソフトの活用等を含め,道徳性を高める授業づくりについて考察した。  研究にあたり,実際に各自で作成した道徳授業づくりを交流することで,福祉教育の視点から考える道徳授業づくりに必要な道徳的価値,道徳性を高める上で重要である中心場面等が明らかとなった。
Keywords
ノーマライゼーション (Normalization)
道徳的価値の変容 (Change in the moral value)
福祉と道徳授業づくり (Welfare and morality class making)
全人的道徳教育 (Complete man-like moral education)
Note
原著 : 研究論文
ISSN
2186-1323