このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 375
Eprint ID
375
FullText URL
Title Alternative
Changes of the Respiration Rate in Cut Flowers
Author
Nakamura, Reinosuke
Ito, Takuji
Hirano, Kensaku
Abstract
切花の輸送や貯蔵の基礎資料を得る目的で,キク,カーネーションおよびチューリップについて,開花に伴う呼吸強度の変化を花部と茎葉都に区分して追跡調査した. その結果,圃場での開花および採花後の開花に伴う全花の呼吸強度の変化,圃場での開花に伴う外部の小花あるいは花弁の呼吸強度の変化のいずれの面からみても,花部の呼吸強度は花が開く時期に一時的に急増することが認められ. 茎葉部については,ほとんど変化はみられなかった. 花部のこのような呼吸上昇は,果実の成熟に伴ってみられるクライマクテリック・ライズと類似の現象であるが,果実の場合と同質のものかどうかは,いくらかの検討を試みたが十分説明できるだけの資料を得ることはできなかった. 今後,この現象が採花時期や採花後の取扱いの場面でどのような意義を持ってくるかについて検討が必要であろう。
Published Date
1975
Publication Title
岡山大学農学部学術報告
Publication Title Alternative
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
Volume
volume46
Issue
issue1
Publisher
岡山大学農学部
Publisher Alternative
Faculty of Agriculture, Okayama University
Start Page
29
End Page
37
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
日本語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
srfa