このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11694
Eprint ID
11694
FullText URL
Title Alternative
低線量放射線による抗酸化系の誘導と活性酸素病治療への応用の可能性
Author
Abstract
We clarified that adequate oxygen stress induced by low dose radiation activates not only chemical biological protective function, such as induction of the synthesis of SOD, GPX and HSP70, but also the biomembrane function, such as enhanced membrane fluidity and ATPase activity. It is possible that activation of these mechanisms alleviates in vivo oxidation injuries resulting in alleviation of pathologic condition, such as symptoms of hepatopathy and diabetes mellitus. Namely, adequate activation of the functions of the living body by low dose radiation can contribute to suppressing aging and to preventing or reducing active oxygen species related diseases which are thought to involve peroxidation and have been regarded as the diseases for which radon spring water is an effective treatment. Clarification in detail of the mechanisms of these phenomena is required to understand the effects of low dose radiation on the functions of the living body, including adaptive response.
Abstract Alternative
ストレスなどの原因により生体内に生じた過剰な活性酸素は毒性を有し,これが細胞や組織障害につながり,老化や発癌など種々の病的状態を生み出している。これに対し,生体には活性酸素を消去したり,損傷を起こした分子を修復したりして結果的に生ずる障害を防御する機構がある。この抗酸化系防御機構は適度な酸化ストレス,即ち少量の活性酸素を生体内に発生させる環境下では,逆に活性化する可能性があり,注目されている。本総説は,少量活性酸素を生体内に生じさせる低線量放射線による抗酸化系防御機構の活性化の有無,生体膜の構造変化と機能活性に及ぼす作用,活性酸素病などの遠因となる生体内酸化傷害に及ぼす作用,さらにはラドン(主にα線放出)療法の適応症の機構について,今までに実施した我々の研究例を中心に総括し,評価するものである。即ち,マウス,ラットへのX線γ線照射実験やラビットへのラドン吸入実験により得られた成果例は次の通りである。低線量のX線,γ線照射やラドン吸入により,高線量放射線の場合とは逆に,週齢や臓器などに放射線感受性に違いはあるものの過酸化脂質量が減少し,膜流動性やATPase活性が若齢値に近づくように変化した。SOD,Cat,GPXなどの酵素活性が誘導合成に伴い亢進した。また,低線量放射線照射によりI型糖尿病症状,鉄あるいは四塩化炭素の誘導による肝障害,MPTPの誘導による脳障害などが緩和された。さらに,ラドン吸入により組織循環の促進や疼痛の緩和などが明らかになった。これらの知見より,低線量放射線は抗酸化系防御機構を活性化するとともに生体膜機能の若返り化を導くことが示唆できた。また,低線量放射線は糖尿病I型症状や肝,脳障害を緩和することから,活性酸素病の治療応用への可能性も示唆できた。さらに,ラドン療法の適応症の代表例である疼痛緩和などについても機構解明の一端がなされた。
Keywords
antioxidant system (抗酸化系)
low dose radiation (低線量放射線)
radon inhalation (ラドン)
active oxygen species related diseases (活性酸素病)
adaptive response (適応応答 )
Published Date
2000-11-16
Publication Title
岡山大学医学部保健学科紀要
Publication Title Alternative
Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Volume
volume11
Issue
issue1
Publisher
岡山大学医学部保健学科
Publisher Alternative
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
Start Page
1
End Page
15
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
Content Type
Departmental Bulletin Paper
language
英語
File Version
publisher
Refereed
False
Eprints Journal Name
fhs